フリーランスのプログラマーが知っておきたい基礎知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パソコン

IT企業のプログラマーとして働いている人がフリーランスを目指す際には、会社員でなくなることで仕事や生活がどう変わるのかという点に不安を抱きがちです。

そんなプログラマーに向けて、フリーランスの特徴や安定した仕事を確保していくためのポイントを解説します。

フリーランスエンジニア月収診断バナー

フリーランスとして働くプログラマーの収入状況

フリーランスとしての独立を模索しているプログラマーにとって最も気になるのは、会社を辞めることで収入がどう変わるのかという点にあります。会社から支給されている現在の給料と比べて、フリーランスになった場合の収入が大幅に減るようでは考えものです。

 

会社員の平均年収については、国が定期的な調査を実施していて一般に公開もされているため、正確な数字を把握することができます。特に上場企業は有価証券報告書の公開が義務付けられており、従業員の平均年収を知る資料が豊富です。上場企業に所属する社員の平均年収はおよそ600万円ですが、会社員全体の平均年収になると約420万円にまで下がります。

 

会社に所属するプログラマーの場合は非上場の中小企業に勤務している例も少なくないため、平均年収は約415万円で会社員全体とほぼ同水準です。

これに対してフリーランスとして働くプログラマーの平均年収は、500万円から800万円までの間と推定されます。

 

会社員のプログラマーと比べてフリーランスは年収データが末端まで把握しきれていない面もありますが、全般の傾向としては会社員より年収が高めの水準です。プログラマーとしての実績や営業力を武器に、1,000万円以上の高年収を稼いでいるフリーランスの人も少なくありません。

フリープログラマーの特徴

フリーランスのプログラマーで最大のメリットと言えば、何と言っても会社組織に縛られず自由に働けるという点です。実際には仕事を受注した企業の要請を受けて、相手先のオフィスに常駐し、プロジェクトを共有する社員と協力しながら仕事に取り組んでいるフリーランスのプログラマーも少なくありません。

 

この場合はオフィスの就業規則にある程度縛られる面も出てくるとは言え、社員に比べれば自由度は高いものです。

 

IT業界ではプログラマーの人材が不足しているため、フリーランスの人に仕事を外注してプロジェクトに必要な人員を確保している企業が増えています。そのためフリーランスプログラマー向けの案件が多く募集されており、仕事内容や条件面で選択肢が豊富に用意されています。優秀なプログラマーはどの企業も喉から手が出るほど欲しい人材だけに、好条件を提示してフリーランスの人材を確保しようとする企業が大半なのです。

 

その一方で駆け出しのフリーランスプログラマーは企業からまだ信頼を得ていないため、仕事を探すのに苦労する可能性があります。会社在籍中に築いた人脈を頼りに元の会社や知り合いから仕事を回してもらえるような人は、とりあえず仕事探しに奔走する必要がない分だけまだ恵まれている方です。

フリーランスのプログラマーが仕事を探す方法

プログラマーが会社員からフリーランスになることで最初に直面する壁は、仕事をどうやって獲得するかという点にあります。それまでは会社から仕事を与えられていたプログラマーにとって、自分で仕事を見つけなければならないというのは心細いものです。

 

フリーランスになりたてのそんなプログラマーでも、クラウドソーシングを利用すれば仕事が見つかりやすくなります。クラウドソーシングには在宅でできるプログラミング案件が多く募集されているため、就業場所に縛られない自由な働き方が可能です。

 

特に育児や介護など家庭の事情でフリーランスに転身する道を選んだプログラマーには、在宅案件が大半を占めるクラウドソーシングの方が仕事探しに向いていると言えます。

条件面にさえこだわらなければクラウドソーシングはフリーランスにとって便利な存在ですが、受注単価が全般に低めの点に不満を抱いているプログラマーも少なくありません。

 

そうした理由から腕に自信のあるプログラマーの多くは、フリーランスエンジニア向けのエージェントを利用して仕事を探しています。

 

年収アップを目指すには不向きなクラウドソーシングと比べ、フリーランス向けのエージェントは高額案件が豊富な点が特徴です。エージェントは仕事を募集する企業とフリーランスのプログラマーを仲介する存在で、企業への営業や価格交渉なども代行してくれます。

 

有利な条件の非公開案件を紹介してもらえるという点も、フリーランス向けエージェントに登録するメリットの1つです。エージェントを利用することで自分は営業活動や金額交渉などに煩わされることなく、プログラマーとしての仕事に集中できるようになります。

 

クラウドソーシングと比べてフリーランス向けのエージェントは在宅可能なリモート案件が少なめですが、企業との交渉次第では在宅勤務が認められるケースもあります。会社員時代からの年収アップを目指すなら、高額案件に強いフリーランス向けエージェントを利用しない手はありません。

フリーランスのプログラマーになるためのポイント

指

フリーランスのプログラマーとして安定した収入を維持していくには、できるだけ条件の良い仕事を確保することが必要です。工数のわりに単価の高い優良案件は他のフリーランスプログラマーにとっても狙い目となるため、どうしても競争率が高くなります。

 

そうした好条件の仕事を受注できるようにするには、仕事を依頼する企業からの信頼を得ることが欠かせません。

 

フリーランスプログラマーに仕事を依頼する企業の側では、これまでの実績や能力に基づいて信頼性を判断しています。特にプログラミングに関するスキルは企業が最も重視する項目で、フリーランスのプログラマーにとって生命線とも言える有力なアピール材料です。仕事の需要がありながら、難易度が高く依頼できる人が少ないプログラミング言語をマスターすれば、高単価の仕事受注につながるのは間違いありません。

 

会社員時代はプログラミングのスキルも仕事に使う特定のプログラミング言語に偏りがちですが、フリーランスになると複数の言語に対応できる人の方が案件を獲得しやすいものです。IT業界では次々と新しいテクノロジーが登場し、時代のトレンドも刻々と移り変わっています。これに伴ってプログラマーに求められるスキルや需要の多い言語も変化していくと予測されるため、フリーランスとして安定した収入を維持するには常に最新情報を勉強する姿勢も大切です。

まとめ

フリーランスのプログラマーになれば特定の会社に縛られない自由な働き方が可能になるだけでなく、会社員時代より年収が大幅アップしたという人も少なくありません。年収アップのためには仕事の探し方が重要になってきますので、プログラミングスキルを磨いて企業の信頼を得ることがフリーランスのプログラマーとして成功する秘訣なのです。

SEROKU新規フリーランスエンジニア・プログラマ登録促進バナー

SEROKU新規フリーランスエンジニア・プログラマ登録促進バナー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。