フリーランスエンジニアが良質な案件を獲得する方法

フリーランスエンジニアが良質な案件と出会って喜んでいるイメージ

フリーランスとして独立したからといって、とにかく収入を得るために手当たり次第に案件を引き受けている、実績を積みたくて片っ端から案件をこなしている、そんな状態になっていませんか?

[adinserter block=”1″]

「低単価で負担が大きい案件」「スキルアップに繋がらない案件」は自分が辛くなるだけです。「高単価」で「売りになるスキルを身につけられる」、そんな良質な案件と出会える方法を知っておきましょう。

フリーランスエンジニア月収診断バナー

【目次】
1.良質な案件とは
2.おすすめ募集求人の探し方
3.フリーランスエンジニア向けサービス・サイトの選び方

 

1|良質な案件とは?

①長期的な案件であること
フリーランスエンジニアとしてやっていくには、安定した収入源を持っておくことが重要です。タスク型の短期間案件が多い傾向ですが、中には数か月から数年間といった長期案件も存在します。

その契約期間中に複数のタスクやプロジェクトにかかわることのできるだけでなく、契約期間中の収入が安定するするうえ、実力が評価されれば、リーダーやマネージャーなどへのステップアップも可能。直接取引をしており、その期間内にクライアントの信頼関係が構築できれば、次回の案件にアサインしてもらえることもあります。しかしフリーランスの方が使う案件紹介サイトやSESなどでは間に会社が入り、そこからの受注となるため信頼関係ができても、最終的には取引がなくなってしまうということもあるようです。

フリーランスを対象にしたある調査では、「顧客を獲得するための方法」として第1位となったのは「既存の顧客からの紹介」で、47%でした。つまり、長期案件に関わり、仕事のパフォーマンスや姿勢など、自分の評判を高めておくことで、将来的に好条件の仕事が連鎖して舞い降りてくるかもしれません。

②単価が高いこと
単価が高いと一口にいってもいくらなら高い案件と言えるのか?疑問を感じる方も大勢いると思います。単価に着目して求人を探す場合には、まずは時給換算してみましょう。

一見、単価が高いように見えても、1日の勤務時間・稼働日数などを踏まえて時給を計算してみるとそれほどでもなかったというケースも珍しくありません。求人案件は報酬が高く見えるよう工夫して記載されていることをお忘れなく。

また、時給が高くとも単発案件の場合は一時的な収入にしかならないため、契約期間と報酬のバランスを考慮して案件を受けていくことが重要です。

[adinserter block=”1″]

2|おすすめフリーランス募集求人の探し方

フリーランスが案件を探す方法が多様化する今、何を使えば好条件の案件に巡り会えるのでしょうか。現状、クラウドソーシングとフリーランス専門のエンジニア紹介サービスを掛け合わせ利用するのが一番効率的です。

クラウドソーシングはご存知の通り、ネット上に案件が掲載され、スキルにマッチした案件を受けることで報酬を受けることのできるサービス。「エンジニア 案件」と検索すれば、多くのサイトが検索結果に上がってくるでしょう。

案件数は多いですが、単発かつ低単価案件が多いのが特徴。フリーランスとして、これだけで収入を獲得するのは難しいのが現実です。あくまでクラウドソーシングは、案件と案件とのスキマ時間を埋めるためのツール。他案件の空き時間を活用して案件を受けていくようなイメージで活用していきましょう。

一方でフリーランス専門のエンジニア紹介サービスにはいくつかの種類があります。一つはフリーランス専門のエージェントサービス。もう一つは、オークション式のスキル売買サービス。

どちらも長期案件・高単価案件・大企業の案件が多く存在していることが特徴です。異なるのは、間にエージェントを挟むか挟まないか。オークション式のスキル売買サービスは直接取引にあたるので、報酬の一部をエージェントが受け取ることはなく、案件を依頼した顧客からの報酬を”全額”受け取ることが可能になります。

エージェントから応募すべき求人のアドバイスやキャリア形成のためのサポートを行ってもらいたいという方は、一度面談を受けてみることをおすすめします。

メインとなる案件はフリーランス専門のエンジニア紹介サービスで探し、スキマ時間を埋めるためや、契約が途切れたときにクラウドソーシングを利用すると効率よく仕事をすることができるでしょう。

[adinserter block=”1″]

3.フリーランスエンジニア向けサービス・サイトの選び方

①サポートが充実していること。
フリーランスエンジニアとして一番痛いのは、案件が途切れて収入がゼロになってしまうことです。なので、重要なのは途切れることなく連続的に案件を受注できるかどうか。案件の数やバックアップ体制など、長期的な目で見て信頼のできるサービスを選びましょう。

また、給与の保証サービスやスポーツクラブの利用権、映画館の優待チケットなど、企業の正社員のような待遇を受けられるサービスもあるので、参考にしてみてください。

②勤務希望エリアの案件を取り扱っていること。
実は、フリーランス向けの案件のほとんどが東京を中心とした首都圏に集中しています。大阪・名古屋・福岡など、首都圏以外ではそもそもの案件数が少ないので、サービス登録を行っても案件を受けられない可能性が高いです。ですので、勤務希望エリアの案件を有しているかどうかはサービス選びの重要なポイントです。

③高単価・高報酬の案件情報を多数取り扱っていること。
高単価・高報酬かどうかは、各サービス・サイトがクライアントと結ぶ契約内容にも左右されます。交渉力のあるエージェントとそうでないエージェントでは、同じ案件でもフリーランスが受け取る報酬に差が出てきますので、可能な限り高単価・高報酬案件を扱うサービスを選ぶようにしましょう。

上記3つのポイントを抑えて、まずは自身に合ったサービス・サイトを探してみましょう。その際、役立つのが自分自身の市場価値を正確に把握することができるサービス『SEROKU』。自身のスキル・経験をオークション形式で販売するWebサービスで、他のフリーランスと比較した自分の強み・売りポイント・課題を把握することに役立ちます。

[adinserter block=”1″]

フリーランスエンジニアでとりあえず収入を得たいからといって、手当たり次第案件を受けていては、気力・体力共に持ちませんよ。自身を上手に売り込んで良質な案件を受注し、フリーランスエンジニアとしてのキャリアを高めていきましょう。

 

SEROKU新規フリーランスエンジニア・プログラマ登録促進バナー

SEROKU新規フリーランスエンジニア・プログラマ登録促進バナー

 

ペンネーム:北斗ママ
大手人材会社を数社経験し、結婚を機にフリーランスへ。会社員時代はコピーライターやキャリアコンサルタントを経験。一貫して”良い仕事へのご縁作り”に携わる。仕事探しの裏側を知り尽くした経験を活かし、人材関連の記事を主に担当。趣味は愛犬 トイプードルと遊ぶこと。愛犬の洋服代がかさむ今日この頃。

タイトルとURLをコピーしました