プログラマーとは?その仕事内容などについて紹介します!

プログラマー

プログラマーという職業の名前はよく知られていますが、その詳しい仕事内容などについてはあまりよく知らないというかたも多いはずです。

[adinserter block=”1″]

そこで今回は、プログラマーという職業に焦点を当て、その仕事内容などについて詳しく紹介していきます。

フリーランスエンジニア月収診断バナー

プログラマーの仕事内容とは一体?

プログラマーという名前はよく耳にしますが、では果たしてプログラマーと呼ばれる人たちが普段どのような仕事をしているかご存じですか。きっとあまりよく知らないという方が多いと思います。

 

そこで今回はまず、プログラマーの基本的な仕事内容について分かりやすく説明していきます。

 

ざっくり説明すると

まずプログラマーの仕事内容をざっくりと説明すると、それはプログラマーという名前の通り、コンピューターのプログラムを組み、新しいコンピューターシステムやソフトウェアを開発するということです。

 

コンピューターのプログラミングをするためには、プログラム言語と呼ばれるコンピューターを動かすための言語を使用します。

 

プログラマーはこのプログラム言語を使用しながら、システムエンジニアと呼ばれるシステム開発の瀬敬を行う職業の人たちと協力して、新しいコンピューターシステムやソフトウェアの開発を行うということが主な仕事内容です。

 

詳しく説明すると

詳しく説明すると、まずシステムエンジニアが新しく作成するシステムの要件をまとめた仕様書を作成し、それにしたがってプログラマーがプログラムを作成する、というものです。専門の分野によって多少の違いがあるかもしれませんが、基本的な仕事の流れはこのようなものとなっています。

[adinserter block=”1″]

プログラマーとエンジニアの違いとは?

プログラマーと混同されがちなのが、エンジニアという職業です。

 

先ほども述べたように、新しく作成するシステムやソフトウェアの要件定義や仕様書の作成をするのがエンジニアのおもな仕事内容で、それを受け取ったうえでコンピューターシステムやソフトウェアを開発するのがプログラマーの仕事内容です。

 

プログラマーとエンジニアにはそのように仕事内容の面でも大きな違いがありますが、仕事内容だけでなく、プログラマーとエンジニアには給与の面でも大きな違いがみられます。

 

まずプログラマーの平均年収は約350万円から500万円ほどといわれています。これでも世間一般的には高収入だといえますが、それに対してエンジニアの平均年収は約400万円から600万円であるといわれており、一般的にはプログラマーよりエンジニアのほうが給与が高いという特徴がみられます。

 

そのためプログラマーに比べるとエンジニアになりたいという人も多くいますが、実際にコンピューターをプログラミングするプログラマーはもちろん、エンジニアも同じようにかなり高度な専門的な知識が必要となるので、難しいことには違いありません。

 

しかし、どちらの職業もコンピューターが好きな人にとってはもってこいな職業なので、人気の高い職業となっています。

[adinserter block=”1″]

プログラマーに向いている人の特徴とは?

プログラマー

プログラマーと聞くとかなりコンピューターについて詳しく、専門的な知識をもっていることが必要最低限な職業であるように思っている方も多いかもしれません。では一体プログラマーに向いている人の特徴とはどのようなものなのでしょうか。

コンピューター機器の操作が好き・得意

まず、プログラマーは世間一般でのイメージ通り、ほとんどがパソコンなどのコンピューターに向かって作業をする職業です。

 

ですので、まずはコンピューターに関する基本的な知識をもっていたり、そもそもパソコンをはじめとするコンピューター機器の操作が得意で好きな人がプログラマーに向いているといえます。

集中力・忍耐力・体力・想像力

また長時間の作業が当たり前なので、長時間コンピューターを作業しつづけるための集中力や忍耐力、体力も必要不可欠な要素となっています。さらには純粋にものづくりが好きだったり、好奇心が旺盛だったり、想像力が豊富で自分から新しいことに挑戦することが出来る人がプログラマーに向いているといえます。

 

英語力がある

現代ではコンピューターの世界においてもグローバル化が進んでいるため、英語をはじめとする外国語を自由に扱えるということも必要になってきます。また一般的にプログラマーというと理系大学出身者が多いように思いますが、コンピューターに関する知識をしっかりと身に着けていれば文系でもなりことが出来る職業です。

[adinserter block=”1″]

プログラマーは仕事内容を選ぶことが出来るのか?

プログラマーというとひとつの職業のように思えますが、実はプログラマーの中にもいくつかの専門的な種類があります。例をあげると、ゲームプログラマーやアプリケーションプログラマー、AIプログラマー、Webプログラマーなどです。

 

それぞれの種類のプログラマーは専門の知識を兼ね備えていることが必要条件なので、ひとつの専門のプログラマーとして働くのが一般的です。

 

自分の好きな分野を選択することができるので、プログラマーとして働く人はもともとコンピューターを操作するのが好きだったり、ゲームが好きだったり、アプリ開発に興味があったりと、趣味の延長として仕事をしている人が多いです。

 

自分の好きな分野を選択できるというのはとても良いことですね。こんピューターに関する知識をもっていたり、コンピューターやゲームが好きな人にとってはこの上ないほどぴったりな職業です。

[adinserter block=”1″]

まとめ

あまり世間に大々的に姿を見せることのないプログラマーという職業ですが、私たちの生活が豊かになっているのは、このプログラマーたちのおかげといっても過言ではありません。

 

プログラマーはかなり高度なコンピューターの知識を必要とするので、簡単になれるものではないと思っているでしょう。しかしコンピューターに興味を持っているひとにとっては最適な職業だといえます。

 

自分の趣味を仕事にしたい、自分の得意なことで人の役に立ちたい、と考えている方はぜひプログラマーという道を検討してみてはいかがでしょうか。きっとやりがいがあるはずです。

 

また、今回紹介したプログラマーについての情報は、ほんの一部だけにすぎません。プログラマーという職業には、まだまだたくさんの魅力がありますので、さらに調べてみるのも面白いかもしれません。

SEROKU新規フリーランスエンジニア・プログラマ登録促進バナー

SEROKU新規フリーランスエンジニア・プログラマ登録促進バナー[adinserter block=”1″]

タイトルとURLをコピーしました