プログラマーの需要と将来性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

未来

近年、プログラマーを目指す若者は増えてきています。しかし、具体的にプログラマーの需要は現在どうなっているのでしょう。

人工知能の登場により劇的な変化をし始めている業界で活躍するプログラマーですが、今回はこの職業の需要と将来について多面的に解説していきます。

 

フリーランスエンジニア月収診断バナー

プログラマーは将来なくなる職業?

現在、AIの急進的な成長が話題になり、それに合わせて将来なくなるかもしれない職業も注目されるようになりました。その職業に挙げられている一つが、このプログラマーです。そのため、プログラマーの需要が今後下がっていくだろうと推測する人が増えるようになりました。

 

また、AIだけでなく一般的なプログラムの自動化も様々な企業で促進されており、人間が直接手を入れてプログラムを構築するいう機会は年々減っていく一方です。

 

しかし、いくら機械の技術が発展しても、それを発展へ導いていくのは人間です。AIにもまだまだ欠点があり、それらは人間のように0から1を作り出すことはできません。新しい発想をAIなどの人工知能が生み出すことは、この先の未来でも難しい課題となるでしょう。

 

ですから、実質的なプログラマーの需要が下がっているかと言えば、そういうわけではありません。

むしろ、世界でIT関連などの技術が注目され続けている一方で、プログラマーなどの職種に携わる人間は意外と少ないのです。そのため、プログラマー等の求人はいつでも募集中・新人歓迎となっています。

 

また、プログラマーは専門知識を持っていなければならず、その上就職してからも新しい知識を逐一増やしていかなければならない、現代技術の先端を走る職業です。そのため、一度技術を手に入れておけばその力は重宝される職業でもあります。

 

プログラマーの現状の業界状況は?

プログラマーといえば、いわゆるフリーランスなタイプの職業に分類されることは周知の事実です。現在、フリーランスな職業の中でも確実な需要を誇るプログラマーですが、現在は深刻な人手不足に見舞われています。

数々の企業が知識のあるプログラマーを必要としており、またそのための専門学校なども増えてきています。

 

このような状況であるため、これまでずっとプログラマーとして働いてきていた人の収入は上がってきています。需要に対しての人口比が少ないために、このような現象が起きるのは当然の流れです。

 

ですから、今からでもプログラマーに転職して高収入を目指すことは無謀なことではありません。企業側はよりやる気のある人材を必要としているので、努力さえ惜しまなければ下克上も夢ではないと言えるのが現在のプログラマー業界です。

 

また一方では、企業がプログラマーを募集したり採用するだけでなく、もっと広い視野で彼らを扱うようになっている動きがあります。それは、将来有能なプログラマーを自社で育てていこうという動きです。

 

このように、AIなどの機械がプログラミングをしていくような時代の中で、現在はそれをもうまく利用する力を

持つプログラマーが、どの仕事先でも必要とされているのが現在の状況と言えます。

 

プログラマーの今後の傾向は?

未来

これまでに述べたように、プログラマーの需要は今もなお高いため、次第にこの仕事に従事する人間は増えていくでしょう。その中には一流企業で毎日切磋琢磨しながら力を磨いていった者もいれば、専門学校でより効率的かつ実用的な技術を身につけた者もいます。その他にも、様々な道のりでプログラマーを目指す人がいます。

 

結果的に、プログラマー同士の競争率はある時から年々上昇していく傾向にあることが予想されます。

現在はまだまだ人口の少ないプログラマー業界ですが、これだけの企業からの求人や将来有望な職業としての注目度があれば、その状態がいつまでも続くことはないことは明確です。また、海外との連携も増え、国外からのプログラマーたちも増えていくことが予想されます。

 

そのため、多くのプログラマーの中でも、これまでになかった斬新な出世をしていく人や天才的な能力を駆使する人など、その業界だけで様々な生き方をする人々が出てくるようになります。

 

また、フルスタックエンジニアなどの複数の専門技術を持つ人材も、現在よりも重宝されるようになるでしょう。その理由は、企業にそのような人材が一人いるだけで企業の人件費が削減できるようになるからです。

プログラマーが増える中で、このような得意点を持っていると注目される機会は増えていくでしょう。

 

実際にプログラマーとして生活できるようになれる?

プログラマーに転職し、成功を収めることができたという人は増えてきています。

ですが、そのような人々が成功を収めることができたのは普通以上の努力を重ねたからでもあります。

 

結果的にはどの職業に就いたとしても、日々の努力が必要不可欠となるのはもちろんですが、プログラマーはその中でも特に日々の積み重ねがものを言う職業となっていきます。

 

この業界で生き残っていくためには、IT企業の急進的な技術力向上の流れに合わせ、プログラマーもまた常に新しい情報を取り入れて成長してゆく必要があります。それに加え、その情報を活用してより有効なプログラミング言語を使用することも重要になります。

 

また、会社によってプログラムの需要や傾向は様々ですが、それに適応していく能力も必要不可欠になるでしょう。そのため、適応能力やコミュニケーション能力も今後重要度を増していくことは明白です。また、様々な国から様々な専門知識を持つエンジニアと関わる機会も増えることが予想されますので、英語能力も必要になるでしょう。

 

これらの点を踏まえて日々の仕事に集中していれば、プログラマーとして生計を立て生活していくことは難しいことではありません。むしろ、プログラマーとしての収入を経験と共に上げていくことも可能です。

 

まとめ

AIの登場により将来なくなるかもしれない職業の一つであるプログラマーですが、実際のところはその逆のことが考えられます。プログラマーという仕事は数ある職業の中でも時代の最先端を走る職業のため、それ相応の努力は必要ですが、プログラマーは様々な企業が注目している仕事の一つと言えます。

 

そのため、今後プログラマー同士の競争率は次第に上昇していくことが予想され、それはそう遠くない未来にやってきます。その中でもプログラマーとして生き残っていくことは、容易なことではありません。

しかし、今後プログラマーの需要は着実に上がっていき、その道を極める方法は増えていくでしょう。

SEROKU新規フリーランスエンジニア・プログラマ登録促進バナー

SEROKU新規フリーランスエンジニア・プログラマ登録促進バナー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。