多種多様な種類が存在するプログラマー向けの資格

はんこ
プログラマーとして働く人にとって、有益とされる資格は多種多様に存在するとされます。

[adinserter block=”1″]

具体的に、どのような資格を取得すると、キャリアアップに活かしたり、普段の業務に生かせたりするのか、チェックしていきたいと思います。

フリーランスエンジニア月収診断バナー

幅広い知識や技能養成に役立つ基本情報と応用情報

基本情報技術者試験と応用情報技術者試験は、プログラマーにとっては最も身近な資格試験のひとつとして挙げられるでしょう。これらの資格は、ITや情報についての知識を幅広く習得できることが期待できるため、受験することが各現場で推奨されています。

 

基本情報技術者試験では、実際のプログラミングを行うための技能よりも、業務にまつわる知識に重点がおかれています。プログラマーとして歩み出す人材には、特に欠かせない知識が詰まっているため、受験を進めることが積極的に推奨されることにも繋がっています。

 

また、応用情報技術者試験はより上級の知識を問うものとなり、自身での技術供与を行うための考え方が問われています。特定のフォーマットに沿った開発に限らず、自分で初めからプログラミングのできる人材として認められることにも直結するとされています。

 

基本情報を取得した後に、この応用情報技術者試験を受験するプログラマーも多いですが、様々な現場で活躍できる見込みが立てられやすくなるのではないでしょうか。それぞれの技術者試験は、独立したものとなっていますが、続きものとして認識される傾向が強まっています。そのため、基本情報を取得した後に、そのまま応用情報の受験に向けて対策を進めることが、一般的な流れのひとつとして掲げられています。

 

どちらの資格も、プログラマーの基本的な部分から、自分でプログラミングを行うための知識までカバーし、取得する価値のあるものとして推奨されています。

[adinserter block=”1″]

Android向けプログラム開発に特化した資格

Android技術者認定試験制度という資格は、Androidに関連したプログラミングに特化した技能を認定するものです。スマートフォンやタブレットなどでは、AndroidのOSを搭載したものが多く存在し、この開発技術を認定されることは非常に大きなメリットとなります。

 

アプリケーション技術者、プラットフォーム技術者認定と2つのジャンルに分けられ、それぞれのジャンルでの資格取得を目指すことがこの制度においては求められています。また、認定はベーシック、プロフェッショナルの2つの結果となり、どちらの認定でもプロフェッショナルを獲得すると、価値は大変大きなものになります。

 

プログラマーの中で、Andoroid向けのツールやコンテンツを開発したいと希望する人や、現在そのような仕事に携わる人は、一度この認定制度にチャレンジしてみると良いのではないでしょうか。受験する人の存在も年々増加の一途を辿っており、様々な現場でAndroidの開発が進められる動きも加速しています。

 

将来的には、よりこの認定制度が重要なものとして位置付けられる可能性も高く、今から認定を得るための準備をしておくことがベストです。

[adinserter block=”1″]

高度な知識を問われるネットワークスペシャリスト試験

受験

ネットワークエンジニアとして仕事をする人には、ネットワークスペシャリスト試験の受験が推奨されています。この試験では、実際のプログラミングの知識はもちろんですが、たのプログラマーの統括や指導などの能力も問われます。

 

そのため、ネットワークスペシャリスト試験自体は非常に難易度の高いものとして知られており、受験する人も相応の準備や学習を進めて試験に臨んでいます。

 

試験の形態としては、4つの科目に分けられており、択一式のもの、そして記述式のものに分かれています。特に記述式の科目では、自分の考えや適切な答えを、端的に残していく必要があるため、論理性も重要視されます。

 

このようなスキルに関しては、日常的なプログラミングの作業にも繋がる部分があるため、ネットワークスペシャリスト試験を受験かながらそのようなスキルを養成することも良いとされています。

 

幅広い知識が問われることにプラスして、試験の難易度自体が非常に高いものとなりますか、長期的なスパンで見ると資格取得が大きなプラスになります。また、プログラマーとして現場で働くこと以外にも、その現場で上長して活躍するにあたっても必要な資格になると考えられます。

[adinserter block=”1″]

保守運用のスキル認定に繋がるオラクルマスター

オラクルマスターの資格は、データベースの保守や運用に関するスキルを認定する試験のひとつです。プログラマーの中には、データベースに関する開発や運用に携わる人も多いとされ、オラクルを適切に扱えるがどうかは大事なポイントとして捉えられています。

 

オラクルマスターでは、ブロンズ、シルバー、ゴールド、プラチナと段階を踏むごとに資格の位が高くなります。最終的にはプラチナの段位に到達することが目標になりますが、非常に高等でレベルの高いスキルを問われることが必須です。

 

いきなり上級の段階に挑戦するのではなく、ブロンズから少しずつ勉強して資格取得や段階意のアップを目指すことがオススメされます。それぞれの階級で到達する目標やレベルも明確に設定されています。

 

データベースに関して、初歩的な段階運営しかできない人でも、オラクルマスターを通じてスキルアップすることが期待できるとされています。現在はプログラマーの中でデータベースの活用に貢献する人材は、割合が高まっています。他の資格と同様に、このオラクルマスターも存分に活用できる機会が出てくるのではないかと考えられています。

[adinserter block=”1″]

業務内容に応じて取得するべき資格が分かれるプログラマー

プログラマー向けの資格は、多種多彩であることが大きな特徴として挙げられています。どのようなプログラミングの業務を行うのか、そしてどのような人材になることを目指すのかによって、取得するべき資格にも違いが出てきます。

 

複数の資格を取得すると、それだけ様々な現場で活躍できる可能性が高くなるとも言えるため、積極的に資格取得にチャレンジすることもオススメされるのではないでしょうか。また、これまで培ってきたスキルの度合いをチェックすることにも、プログラマー向けの資格を活用することで、よりモチベーションを上げての業務にあたることができるでしょう。

SEROKU新規フリーランスエンジニア・プログラマ登録促進バナー

SEROKU新規フリーランスエンジニア・プログラマ登録促進バナー

タイトルとURLをコピーしました