将来的に稼ぎたいならwebエンジニアが狙い目!

パソコン 男性

世界のIT技術が進歩するに伴い、日本社会も徐々にIT化が進んでいます。ITに関わる職業はたくさんありますが、その中でも今狙い目の職業がwebエンジニアです。そこでwebエンジニアがどうして狙い目なのか、この職業を目指すにはどんなスキルが必要なのかなどについて紹介します。

 

フリーランスエンジニア月収診断バナー

webエンジニアとは?

webエンジニアはweb系エンジニアと呼ばれることもある職業であり、webアプリケーションの開発や、webサイトの構築などを行います。

 

見た目に関する部分はフロントエンドエンジニアに任せることが多いので、webエンジニアはバックエンドもしくはサーバーサイドと言ってwebサイト・アプリケーションのユーザーから見えない部分の開発を行うのが一般的です。ただ、フロントエンドエンジニアがいない小規模企業だと見た目の部分の開発も任されることがあります。

 

webエンジニアの仕事内容

パソコン 男性

先ほど解説した通り、webエンジニアはユーザーから見えない部分の開発を行うので、サーバーサイド言語と呼ばれる、ユーザーから見えない部分を操作する言語を使います。例えば掲示板に書き込みをするとしましょう。

 

この場合、書き込み用のコメントボックスに書き込みたい内容を書いて投稿ボタンを押せば書き込みが投稿されますが、裏ではコメントボックスに書かれた内容をデータベースへ送ってその内容を格納し、更新したデータを掲示板に表示しています。この見えない動作を行うのがサーバーサイド言語の仕事です。

 

サーバーサイド言語の例にはJavaやPHP、Rubyなどが挙げられます。中でもweb系開発の現場ではPHPやRubyなどといった比較的新しめで習得コストの低い言語が選ばれることが多い傾向があります。

 

webエンジニアが注目されている理由

webエンジニアが注目を浴びる理由には、スマートフォンが普及したことにより、webアプリケーションが人々の生活の中でも身近なものになったことや、プログラミング教育が普及し、プログラミングが独学でも学びやすくなったことなどが挙げられます。

 

それにITエンジニアはIT化に伴って需要が右肩上がりの状態となっており、手に職を付けて働きたいと考えている人もエンジニアを目指す人が多い傾向があります。

 

webエンジニアの年収

webエンジニアの年収は30代前半で500万円前後と言われています。この金額を考えると世間一般の30代前半の人たちよりは稼げる職業と言えるでしょう。ただし、webエンジニアに関しては働き方や所属する企業の規模によって大きく異なります。

 

webエンジニアに関しては、ベンチャー企業で働く人が圧倒的に多いです。この場合、30代で大体月収30~40万円程度、年収が500万円程度が給与相場と言われています。ベンチャー企業で働くメリットは、年齢に関係なく完全に実力主義である点と言えるでしょう。若い人でも実力さえあれば、すぐに高い収入を得ることができます。

 

それにベンチャー企業は規模が小さいことから新しい技術などに関する意見も通りやすく、最新技術を試しやすい環境が整っているというメリットもあります。

 

ただし、立ち上げてから10年以上経営を続けることができるベンチャー企業は3割程度と言われています。そのため、ベンチャー企業へ就職・転職する場合はその企業の将来性を見極めて、万が一倒産した時に転職できるようなスキルを身に着ける必要があることを理解したうえで応募しましょう。

 

次に大企業のwebエンジニアは待遇が安定していることから、月収が50万円程度、年収は600~700万円程度となることが多いです。福利厚生も充実しており、安定した環境で働けるのが大手企業で働く魅力と言えるでしょう。

 

それに加え、大手企業で開発しているwebサービスは名前が知られているものが多いです。そのため、世間に知られている商品・サービスの開発に携わることができるという点もメリットとして挙げられます。

 

ただし、大企業の場合、企業の規模が大きい故に自分の意見が通るまでに時間がかかります。そのため、新しい技術を試したくても実践に移しにくいことを理解しておく必要があります。また、大企業だと、徐々に働き方改革を行い、実力重視の給与形態に移行しようとする動きがありますが、やはり年功序列の考え方は残っています。

 

そのため、実力があっても上司以上のポジションを狙うのは難しいことを理解しておく必要があります。

 

そしてwebエンジニアの場合、企業に所属せずにフリーランスとして働くという選択肢も選べます。フリーランスだと年収が300万円程度の人もいれば1,000万円の人もおり、スキルによって稼げる金額に大きな差があります。そのため、エンジニアとしての実力に自信があるならフリーランスとしての働き方を選ぶと良いでしょう。

 

フリーランスだと企業に所属するよりも働き方の自由度が高くなる点が魅力的と言えます。週に2~3日しか出勤しない、自宅で仕事に取り組めるなど様々な働き方ができるので、家事などとも両立しやすいでしょう。

 

ただし、フリーランスは完全に実力主義なので、実力が無い状態でフリーランスになっても仕事を獲得しにくいです。それに、フリーランスの開発案件はweb系開発よりも大手企業のシステム開発案件の方が圧倒的に多く、世間一般の人がイメージするようなノマドワーカーのような働き方ができるエンジニアはほんの一握りであることを理解する必要があります。

 

webエンジニアに必要なスキル

パソコン 男性

webエンジニアに必要なスキルはサーバーサイド言語を用いたプログラミングスキルです。特にPHP・Javaを使いこなせるエンジニアは需要が高いので、webエンジニアを目指すならこれらの言語から学び始めるのが良いでしょう。

 

また、web系開発にはGitなどのバージョン管理ツールを用いられることが多いです。そのため、Gitに関する知識も身に着けましょう。

 

そして、web系開発にもう1つ欠かせないスキルがデータベースです。データベースに関してはSQLを使いこなせれば問題ありませんが、近年ではAWSをはじめとするクラウドを用いる企業が増えてきています。そのため、クラウドに関する知識も身に着けておくと有利でしょう。

SEROKU新規フリーランスエンジニア・プログラマ登録促進バナー

SEROKU新規フリーランスエンジニア・プログラマ登録促進バナー

[adinserter block=”1″]

タイトルとURLをコピーしました