フリーランスエンジニアにおける実務経験の重要性

ウッドテーブルに並べたノートパソコンとコーヒー 小物雑貨

これからフリーランスになろうとしているエンジニアは、実務経験をどうやって積もうか決めていますか。

実務経験が豊富だと、獲得できる案件の幅が広がるだけでなく、仕事の報酬も増加します。

[adinserter block=”1″]

獲得できる案件の幅が広がれば、エンジニアとしての価値が上昇し、報酬が増えれば、プライベートでの生活が豊かになるでしょう。

そのため、エンジニアにとって実務経験はとても重要な要素となります。

 

今回は、これからフリーランスとして活躍しようと考えている人に向けて、フリーランスエンジニアにおける実務経験の重要性について解説していきます。

フリーランスエンジニア月収診断バナー

フリーランスエンジニアは実務経験があるとなぜ有利なのか

理解できない男性

企業は実務経験を豊富に積んでいるエンジニアを採用します。

理由としては、実務経験が多いほどさまざまな作業に対応できると判断するためです。

ゆえに、実務経験が豊富だと、企業から採用されやすい傾向にあるでしょう

ただ、実際には実務経験からさらに細かくエンジニアのスキルを判断しています。

 

ここからは、企業がエンジニアの実務経験を重要視する細かな理由から実務経験を積んでいると有利な理由について説明していきます。

[adinserter block=”1″]

コミュニケーション力の高さ

 

ここでいうコミュニケーション力とは、社交性のことではありません。

 

まず、エンジニアは開発を始める前に企業からどのようなものを作りたいかを聞く必要があります。

その際、企業はできるだけ滞りなく相談が進むことを望んでいます。

 

企業から提案される作業に対して、エンジニアは対応できない領域まで伝えなければなりません。

それを企業側に理解してもらえるような内容で伝えることも重要です。

 

それ以外に、コーディングをする上でエラーに対応しなければならなくなったら、解決方法を探らなければなりません。

チーム開発をしている場合は、お互いに意見交換をして、解決方法を探ります。

その際、お互いに伝える能力があれば、早急に解決を目指すことができます。

 

開発の実務経験を長く積んでいるエンジニアであれば、こうしたコミュニケーションに慣れていると企業から判断されるので、案件を獲得する上で有利です。

[adinserter block=”1″]

自分たちの作りたいものを効率よく作れるか

 

案件を探してみると分かると思いますが、一見同じような内容で出されている案件でも、求められるスキルが違う場合があります。

 

なぜかというと、実際に同じようなプロダクトであっても、開発するものによって必要なスキルの領域が違うためです。

 

同じプログラミング言語であっても、開発できるものはさまざまであり、どのようなコーディングができるかによって開発できるものは変わってきます。

そのため、企業は自分たちが開発したいと考えているものを効率よく開発できる分野で実績を積んでいるエンジニアを雇いたいと考えます。

 

ただ、どのようなスキルを求めればいいのか分からない企業もあるため、とにかく長く実務経験を積んでいるエンジニアを求める場合もあります。

実務経験を積んでいると、こうした案件も獲得することができるため、活躍できる幅が広がり、フリーランスとして有利になるといえるでしょう。

[adinserter block=”1″]

フリーランスエンジニアが実務経験を効率よく積む方法とは

 

フリーランスとして案件を獲得していくために必要な実務経験。

現在、エンジニアを必要とする案件は多数存在し、なかには複数のスキルを求める案件もあります。

そのため、多くのスキルを身につけておくことはフリーランスとして活動する上で必要なことです。

 

ただ、開発の実務経験は習得するまでに時間がかかってしまいます。

ゆえに、効率よく実務経験を積む方法を知っておくと、フリーランスとして活躍しやすくなります。

 

では、フリーランスエンジニアが実務経験を効率よく積む方法をいくつか紹介していきます。

[adinserter block=”1″]

複数のスキルを求める仕事をする

 

実務経験を積むためには、場数を踏むしかないと思われがちです。

もちろん、多くの実務経験を積む上で、場数を踏むことは必要なことでしょう。

ただ、前述した通り、一つの実務経験を多く積むには時間がかかってしまいます。

 

この場合、複数のスキルを求める仕事をすることで、効率よく実務経験を積むことができます。

 

例えば、JavaスキルとSpringというJavaのフレームワークスキルを求める案件を獲得した場合、Javaの実務経験とSpringの実務経験を積むことができるでしょう。

ほかにも、全く違う複数の言語を求めている案件は多くあります。

 

このような案件を獲得していくことにより、効率よくさまざまなスキルの実務経験を積むことができるでしょう。

[adinserter block=”1″]

新しい技術を誰よりも速く身につける

 

プログラミング技術の進歩はとても速い傾向にあります。

近年では、オープン系のアプリケーションなども存在し、ITの世界においては、その進歩の加速が年々増加しています。

エンジニアたちは、この新しい技術についていく必要があるのですが、この技術を求める企業が増えるのに対し、対応できるエンジニアは少なくなってしまう傾向があるでしょう。

新しい技術を持つエンジニアは、企業の社員として働いているエンジニアたちにも共有できるため、大変重宝され、大きなスキルとして数えられます。

 

そのため、誰よりも速く情報を嗅ぎつけ、先に実務で役立てることによって、新しい技術における実務経験が、どのエンジニアよりも多くなることになります。

ゆえに、先ほど紹介した「複数のスキルを求める仕事をする」と同じく、効率よく実務経験を積む方法といえるでしょう。

[adinserter block=”1″]

実務経験を多く積んで高単価案件を獲得しよう

ガッツポーズをする人

フリーランスエンジニアにとって実務経験は大きな武器になることが分かったと思います。多くの実務経験がある人ほど、高単価な案件をたくさん獲得しやすい傾向にあります。

 

これは、エンジニアに限ったことではなく、どんな職業についてもいえることでしょう。

 

豊富な実務経験は、その人のスキルが高いことを証明し、実績は信頼となります。

 

仕事を頼む人からすると、できるだけリスクがなく、確実に結果を残せる人間に対して高額な報酬を支払いたいと思うものです。

 

つまり、できることが多く、確実に質の高い仕事をやってくれれば、当然単価も上がります。

[adinserter block=”1″]

また、言語的には多くできたほうが確実に仕事の幅は広がるでしょう

そして、最新の言語などは、希少価値がありエンジニアの数が少ないために単価が上がります。

 

さらに、報酬価格は、何ができるか、どこまでできるのかにより違います。

コーディングのみのプログラマーなのか、設計からできるのか、用件定義から行い、顧客とのやりとりを行い、仕事を作り出していけるのかなど、対応力によっても違いがでます。

 

これからフリーランスエンジニアとして案件を獲得していくのであれば、まずは実務経験を多く積むことから始めましょう。

 

SEROKU新規フリーランスエンジニア・プログラマ登録促進バナー

SEROKU新規フリーランスエンジニア・プログラマ登録促進バナー

タイトルとURLをコピーしました