フリーランスエンジニアになることは年収アップにつながるのか

年収確認

フリーランスエンジニアの年収は、ほかの業種と比べてみるとやや高い水準です。

しかし、現場に常駐する仕事も多く、月あたりの単価が決まっていることも多いので仕事の成果の品質が高くても、それに見合って収入が増えるというわけではありません。

 

そのため、フリーランスエンジニアになって仕事の質に見合った収入をもっと得ようと考える人は多いでしょう。

[adinserter block=”1″]

そんなフリーランスエンジニアにこれからなろうと考えている人は、フリーランスエンジニアの年収がどのくらいのものになるのかが一番気になる点だと思います。

 

今回は、フリーランスエンジニアになることを考えている人に向けて、

「フリーランスエンジニアは正社員に比べてどれだけ年収が上がるのか」

「フリーランスエンジニアが年収をアップさせるにはどうすればいいのか」

などについて解説していきます。

フリーランスエンジニア月収診断バナー

フリーランスエンジニアの平均年収とは

年収について考える人々

厚生労働省が発表している賃金構造基本統計調査(平成28年)の会社員のシステムエンジニアの平均年収は547万円です。

すべての職種の平均年収が454万円なので、エンジニアの年収は平均よりも高いということがわかります。

 

もちろん、これは会社の規模により平均の年収が変わってくるので、社員数が100人未満の場合、システムエンジニアの平均年収は511万円です。

それに対し、社員数が1,000人以上の大きな企業になると平均年収は605万円になります。

 

また、年齢によっても平均年収は異なり、年齢に比例して男女とも年収が上がり50代が年収のピークになります。

経験によっても平均年収は変わってきて、経験年数に比例して年収は増加していく傾向にあります。

 

それでは、フリーランスエンジニアの年収の相場はどれくらいになるのでしょう。

 

フリーランスエンジニアの年収は、獲得した案件の報酬額により年収も変わってきます。

会社に属しているわけではないので、仕事をこなさなければ収入を得ることはできないというフリーランス特有の働き方になりますが、平均して月に60万円から90万円ほどの収入になるのが一般的です。

 

フリーランスが獲得できる1件の案件単価が60万円前後というのが平均の単価なので、そちらを1月に1件こなしていくと、年収は720万円になります。

これは月平均の収入が一番低い60万円で考えた場合の資産ですが、実際は月平均70万円前後の収入が多く、そうすると年収は840万円になります。

 

フリーランスエンジニアは、税金なども自分で収入の中から払わないといけません。

経費もかかるので、すべて手取りとなるわけではありませんが、月間70万円の収入があれば1,000人規模の企業の平均年収は超えることになります。

 

自身が特殊な技術を持っていたり、急成長している業界にいたりするのであれば月単価が100万円を超えることもできるでしょう。

ゆえに、1件の案件単価が安くても、超過勤務料金が発生するプロジェクトに参加していれば、月単価がさらに上がり、平均収入よりも高い報酬を得ることができます。

 

フリーランスエンジニアの目標として年収一千万円を挙げる人が多いですが、この目標金額は上記のような案件を取ったり、仕事のやり方を工夫したりすることで可能となる数字です。

[adinserter block=”1″]

フリーランスエンジニアが年収を上げるためには

 

年収を上げるためにはたくさんの仕事を獲得しなければなりません。

そして、仕事を獲得するときにいかに単価が高い案件を獲得するかがポイントになります。

 

多くの単価が高い仕事を獲得するためには、いくつか方法があります。

 

仲間を作ること

 

まずは、同じ職業の仲間を作っておきましょう。

最も身近な存在でいうと、同じ会社のチームで働いているエンジニアが挙げられます。

それ以外にも、会社員時代から社外の活動を積極的に行い、同じような環境の仲間を多く作っておくといいでしょう。

 

そうすることで、条件のいい高額な案件を紹介してくれることがあったり、新しい情報の共有も行えます。

 

エージェントを利用する

 

フリーランス向けのエージェントを利用すれば、多くの仕事を獲得できます。

エージェントが紹介してくれる案件は、継続案件が多いので、安定して仕事を得ることができるでしょう。

エージェントを利用する場合、リモートワークができる可能性もあるので、ほかの案件と合わせて仕事をすることも可能になります。

 

需要の高い言語を習得する

 

最も重要なのは、需要の高い言語の知識を得ることです。

フリーランスになると、使用するプログラミング言語によって、年収は大きく変わってくるので、常に需要が高い言語を使えるようにしておくことが必要です。

それに加え、難易度が高く希少価値がある技術を習得していけば、フリーランスエンジニアとして年収を一気に上げることができるようになります。

 

フリーランスエンジニアで年収をアップするのであれば、常に求められている言語は何なのかということをリサーチし、作業をしていない時間は言語の習得に時間をかける努力が必要です。

 

案件の時間単価を確認する

 

フリーランスエンジニア向けに募集されている案件の時間単価は2000円から5000円が主流です。

1日に8時間働いたとして、年間240日可動した場合、年収から時間単価を割りだすと、年収700万円台で時間単価は約4000円です。

これを5000円にすると年収が一千万円に近づきます。

 

フリーランス案件を探すときは、なるべく時間単価が高いものを探すことで、年収アップにつながるでしょう。

[adinserter block=”1″]

フリーランスエンジニアで年収を上げるために高額案件を獲得しよう

ガッツポーズをする人

フリーランスエンジニアとして働くと、会社員として働くよりも多くの収入を獲得することができることがわかったかと思います。

ただ、フリーランスで年収を上げるには、多くの工夫が必要であるため、活動がうまくいかないことも多くあるでしょう。

 

高額案件を獲得するにはエンジニアとして高いスキルが必要ですが、条件のいい案件を探す能力も必要となります。

そして、年収をアップさせるには、常に高額案件を獲得できる状態が望ましいため、そういった工夫をすることも重要です。

 

これから独立することを考えているエンジニアは、せっかくフリーランスとして働くのですから、さまざまな方法を駆使して、年収をアップさせていきましょう。

 

SEROKU新規フリーランスエンジニア・プログラマ登録促進バナー

SEROKU新規フリーランスエンジニア・プログラマ登録促進バナー

タイトルとURLをコピーしました