JavaScriptエンジニアにおすすめ!スキルにあった案件獲得サイト「SEROKU」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

時計とお金

 

現在数多くのプログラミング言語が存在しますが、そのなかでもJavaScriptは認知度の高い一般的な言語といえるでしょう。
以前からweb開発の際に利用されているJavaScriptは、今でもWebビジネスにおいて欠かせない言語となっており、そのニーズは更に向上しています。
そのため、現在フリーランスエンジニアの市場の中でも案件が多いという特徴があります。
案件が多いということから複数の選択肢の中で選ぶことが可能ですが、実際に案件を受けてみると残念ながら、自分に合った条件の報酬や環境でないということがあります。
だからこそ、フリーランスエンジニアは案件獲得の方法がとても大切と言えるでしょう。

今回はJavaScriptのフリーランスエンジニアが今までより更に活躍していくために好条件の報酬やスキルにマッチングしている案件獲得を目指せるSEROKUについてお話をしていきたいと思います。

フリーランスエンジニア月収診断バナー

JavaScriptエンジニアを求めている業界と特徴

 

JavaScriptは主にInternetExplorerやGoogleChromeなどのブラウザ上の動的システムを開発する場面で最も頻繁に利用されます。

ブラウザを動的にさせるメリットとして、Webページの利便性やデザイン性を向上させることが出来るのでユーザーに使いやすいという印象を与えます。

 

JavaScriptは特性上、構成を行うときに長い処理のファイルを書いていくと、ソースコードの読み取りが遅くなったりバグが発生しやすくなったりする原因となることがあります。

これを回避するためには、モジュール単位で複数ファイルにJavaScriptを分割し開発を行わなければなりません。

しかし現状、JavaScriptにはモジュール単位を扱う仕組みがないため、Webpackを使用することで快適に開発をすることが可能となります。

 

また、JavaScriptは複数のフレームワークが存在していますが、その中でもAngular やReactが人気となります。Microsoftが開発したJavaScriptの拡張言語であるTypeScriptのスキルがあるとAngular やReact を使用することが出来ます。

 

そしてJavaScriptは汎用性がとても高いことで知られ、今ではWebページの他にもWebアプリやスマホアプリの開発で用いられることもあります。

 

そのためJavaScriptを扱えるエンジニアを求める企業が増加をしている傾向にあります。

 

SEROKUはフリーランスエンジニアが案件獲得のために利用されるサイトですが、自分のスキルをオークションにかけるということで直接取引ができ、今まである派遣やSESなどの雇用体系やクラウドソーシングという無駄な中間マージンなしで依頼を受ける方法とは異なります。

 

自分のスキルに自信を持って売り出すことが大切でJavaScriptエンジニアにおいてJavaScriptを中心とした、スキルを身につけておくことで案件が獲得しやすくなるでしょう。

 

では具体的にJavaScriptエンジニアが活躍するのはどのような場面かについてまとめていきたいと思います。

Webページ開発のフロントエンドエンジニアとしての活躍

 

Webシーンはここ数年で飛躍的に向上をしています。

以前まではインターネットの閲覧の主流はパソコンでしたが、現在ではスマートフォンやタブレットの普及がありさまざまな端末環境で閲覧されています。

Webに触れる人の数が増加をしたことで、Webサイトはビジネスの面において重要なツールであるといえるでしょう。

Webページの利便性を向上させなければユーザーを獲得および定着することは難しくなるので、年々JavaScriptエンジニアのニーズが高くなっています

Webアプリ開発のフロントエンドエンジニアとしての活躍

 

現在では企業のWebページ以外に「業務システムとして使用するWebアプリ」や「スマートフォンのブラウザゲームアプリ」などWeb環境の多様化がみられます。

今ではJavaScriptはWebブラウザのみならず幅広い環境での使用がされており、とても汎用性の高いプログラミング言語となっています。

このことからJavaScriptエンジニアはWebページ開発以外に多方面で活躍をする場が増えているといえるでしょう。

JavaScriptはサーバーサイドの開発に使われることも

 

現在ではNode.jsなどの登場とともに、JavaScriptがサーバーサイドの現場で活用されることも増えています。

Googleが開発したJavaScript実行エンジンであるNode.jsは、処理速度の点においてメリットがあり、データのやり取りの多いWebアプリ開発などの現場ではこれを利用してJavaScriptでのサーバーサイド案件は増えています。

 

これによりクライアントサイドとサーバーサイドを同一の言語で記述できるようになり、スムーズに開発を進めていく上では大きな利点であると言えるでしょう。

JavaScriptで活躍するフリーランスの収入例

キーボート

JavaScriptを専門技術として仕事をしているフリーランスエンジニアの基本的な相場は、月額20万円~60万円以上が目安になり金額の幅が広いものになっています。

 

実際にフリーランスエンジニアの求人を見てみると

一般的に実務経験があるか?ないか?によって大きく差が出るものとなっていています。

 

一例ですが、

  • 実務経験1年未満で20万円~30万円
  • 実務経験5年以上で60万円以上

とされる案件が見受けられ、年収700万円を超えることも可能でしょう。

 

ただこの金額はあくまで目安であり、実務経験が長ければエンジニアとしてのスキルが高いということではありません。

JavaScriptエンジニアは主にフロントエンドで活躍をするシーンが多いため、クライアント側からHTMLやCSSなどの知識が求められることがあり、その要求が高いほど報酬金額が高い傾向にあります。

JavaScriptエンジニアが好条件の報酬や環境の案件を獲得するには

SEROKU

近年さまざまな新しいWebページやアプリなどがリリースをされています。

システム開発の案件は多岐にわたりますが、その一方でエンジニア不足が起こっている傾向にあります。

また、先にお話をしたとおりJavaScriptを活用した開発案件は非常に豊富です。

  • エンジニア不足が進んでいる。
  • JavaScriptを活用したシステム開発は、特定のプログラミング言語と比べで案件数が多い。

ということからJavaScriptエンジニアのニーズが高くなっています。

しかし、案件獲得の選択肢はたくさんあるけれど、

実際に案件を進めていくときに条件が合わないと感じることはありませんか?

なぜなら今までは派遣やSESやクラウドソーシングで案件を探すか、知り合いからの紹介案件または営業を行い案件獲得しているエンジニアがほとんどだからです。

多くのフリーランスでエンジニアは「自分の力を試したくて独立をする」「組織に囚われずに自由に仕事をしたい」という考えを持たれていると思います。

その一方、案件によって異なることはありますが、JavaScriptでの開発案件は週5の駐在作業の案件が多かったり、内容に見合わない報酬だったりとする場合があります。

このように好条件での案件に巡り合えないフリーランスエンジニアはSEROKUで案件獲得をしてみてはいかがでしょうか?

SEROKUはこれまでのSESのように仲介業者に案件を斡旋してもらうシステムとは違い、企業から直接指名を受けて依頼を獲得することのできるプラットフォームになっています。

フリーランスエンジニアが直接依頼者である企業側とやり取りを行うことで、適正な報酬や環境を得られるメリットがあるので好条件の仕事に巡り合いやすいという特徴があります。

どのような案件が獲得できるかは実際に触れてみないと分かりませんので、SEROKUの無料登録をして案件を探してみて下さいね。

 

SEROKU新規フリーランスエンジニア・プログラマ登録促進バナー

SEROKU新規フリーランスエンジニア・プログラマ登録促進バナー

 

SNSでもご購読できます。