PHPエンジニアは需要が高い!積極的に案件獲得を目指そう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プログラミング言語

PHPは現在、フリーランスエンジニアの案件市場のなかで最も人気のある言語のひとつと言っても過言ではありません。
派遣や案件紹介サイトでも需要が高い言語のため、案件がなくて困る、ということは少ないかもしれません。


そうなると、問題なのは「案件の単価」です。
案件が多くあるならば、より高い報酬やいい環境で働きたいと思いませんか?
今回は、「自分のスキルをオークションにかける」という新しい形式の案件紹介サイト「SEROKU」が、PHPを中心としたフリーランスエンジニアの情報について解説していきたいと思います。

フリーランスエンジニア月収診断バナー

PHPエンジニアを求めている業界とその特徴

プログラミング

PHPエンジニアが活躍するシチュエーションは、多岐に渡ります。

 

最近では大手のサービスが、PHPからScalaやRubyへ移行する動きもあるようですが、それでもWeb開発においてPHPは非常に重要視されています。どのような業界で活躍したいかは、エンジニア側が選択することも可能でしょう。

 

ここからは、数多くある案件のなかでも業界として多い傾向のあるものをまとめていきたいと思います。

 

クライアント用のCMS制作に関わる仕事

 

近年Webサイト制作においては、WordPressなどのCMSの普及によって、PHPエンジニアのニーズがさらに高まっています。CMSとは、「Contents Management System」の略称で、日本語ではコンテンツ管理システムのことを指します。

CMSを利用することにより、HTMLの知識などが少ない人でも、コンテンツの更新などを比較的簡単に行うことが可能です。

 

世界で最も使われているCMSであるWordPressは、PHPとMySQLにより構成されているため、WordPressをベースにした独自CMS作成などの場合などは、PHPエンジニアが必須です。

 

昨今、Webマーケティング業界においては、オウンドメディアやコンテンツマーケティングが非常に盛んで、それによってコンテンツの更新に特化したCMS作成のニーズは非常に高まっていると言えるでしょう。

ECサイトに関わる仕事

 

ECサイトを運営する場合、PHPを用いられることが非常に多いです。

ECサイトとは、独自の商品などをWeb上で販売をしている通販サイトなどのことを指しますが、通販サイトは一般的な企業のホームページなどとは異なり、基本的にショッピングカート機能が必要です。

 

このショッピングカートの設置は、主にPHPで構成されることが一般的であり、またEC-CUBEのようなサイト構築に利用されるほとんどのオープンソースにPHPが使われています。

 

このようなことからも分かるように、国内のECサイトの多くはPHPが使用されており、通販サイトを運営する上でPHPエンジニアは重要な役割を担うことになるでしょう。

 

自社サービス開発においてのPHPエンジニア

 

チャット機能や請求書発行サービス、そして求人サービスなど、データベースとの連携が必要なものにおいて、PHPは欠かせないものです。

そのため、ブラウザベースの自社サービスを運営している会社からのニーズは大変多いです。

 

このような場合、開発環境が大きく影響してくるため、あらかじめ使われているフレームワークやデータベースなどの確認は大切です。

SESや派遣先のホームページなどでは開発環境などが載っていない場合もありますので注意しましょう。

SEROKUは、エンジニアが作ったフリーランスのためのサイトです。

フレームワーク、開発環境など、エンジニア側が「欲しい」と思う情報を、より分かりやすく詳細に確認できるように設計されているのも特徴です。

 

Webデザイン×PHPエンジニア

 

PHPは、一機能としてだけでなく、サイト自体の作成でも活躍しています。

Webサイトでは一部の変更や追加のために、サイト全体やほかのページのHTML書き換えが必要になる場合がありますが、PHPを用いることでその手間を解消することができます。

 

Webデザイナーと組むことで、より効率のいい構築が可能になるでしょう。今ではWebデザインにおいて、プログラミングの重要性や必要性を感じている人は多くおり、PHPスキルの有無で仕事の幅が大きく変わるでしょう。

 

しかし、サイト作成をメインに行う場合、短期間、単発での案件になることも考えられるため、クライアントを増やしたりコネクションを作ったりすることの一環として活用することも考えましょう。

PHPエンジニアとして活躍するフリーランスの収入

エンジニア

 

PHP案件の単価は、月額30万円~80万円以上のものや、単発のプロジェクトでは1万円~5万円程度など、非常に幅広いものになっています。

 

なぜこれほどの幅があるのかというと、PHPエンジニアに求められているもののなかで、個人のスキルやフレームワークへの理解度の割合が非常に大きい、という理由が挙げられるでしょう。

 

クライアント側からは、PHPだけでなくデータベースなどの知識もあることを前提に発注していることもあり、知識だけではなく、機能やサイトの立案から実装までを任せられる能力があることなども単価を上げる武器になります。

 

フリーランスのPHPエンジニアが案件を獲得する方法として、紹介や自発的な営業以外では、「派遣」「SES」「クラウドソーシング」の3つがあります。

 

派遣やSESなどのそれぞれのPHP案件を見てみると、もちろん条件によっても異なりますが、平均的に50万円~70万円の案件が目立ち、年収にすると600万円~840万円が目安になります。

 

また、クラウドソーシングで案件を受ける場合は、細かな修正など単発の依頼で数万円のものから、長期継続のプロジェクトで数十万円の案件もあります。

 

ただ、比較的、クライアント側が安価な金額設定を見込んでいることが多いので、派遣やSESを併せて案件を獲得するのがおすすめです。

PHPエンジニアの案件探しのポイント

上記でお話をしたように今までのフリーエンジニアは一般的に派遣、SES、クラウドソーシングを利用して案件を探していました。

 

クラウドソーシングだけでは生計を立てられず、派遣やSESで案件を獲得しているエンジニアが多くいるのが現状です。

しかし、このような方法で案件を獲得したフリーエンジニアは、実際に仕事を進めていくなかで「金額に見合わない仕事内容」だと感じていることも非常に多いです。

 

これはPHPエンジニアに限らず、多くのエンジニアに起こる問題ですが、派遣やSESではエンジニアと企業側が直接やり取りしていないため、

 

エンジニアは、

「自分はこれだけのお金しかもらっていないのに、なぜここまでやらないといけないのか?」

という不満を持ち、

 

企業側は派遣元にも大きな費用を支払っているため、

「たくさん払ってるんだからこれくらいの仕事はやってもらわないと困る」

と思ってしまい、ここでエンジニアと依頼する企業側にズレが生じてしまうのです。

 

このズレを解消しなければ、エンジニアは適正な報酬ではないと感じ、十分な力を発揮することが難しくなってしまうでしょう。

PHPエンジニアとして活躍するに当たって

 

PHPエンジニアが今よりも力を発揮し活躍するには、「仕事内容に見合った報酬」が必要なのではないでしょうか。

 

上記でお話をしたような問題を解消するためには、PHPエンジニアと企業が直接やり取りをすることでズレを軽減する必要があるでしょう。

 

今まではエンジニアが企業側と取引をする方法はクラウドソーシングのみでしたが、クラウドソーシングでは単価が低い傾向があり、同時に企業側も適したエンジニアを探しにくいという問題がありました。

 

・エンジニアが自分のスキルに見合った報酬を得ること。

・企業側がプロジェクトに適任な人材を見つけること。

 

両方の要望をかなえるためには、クラウドソーシングでは難しいでしょう。

 

そのためにSEROKUがあります。

 

SEROKUは「自分のスキルをオークションにかける」という今までにない新しいサービスになっており、今後フリーエンジニアが活躍をするために非常に便利なサービスです。

 

高額案件を獲得するための「SEROKU」

SEROKU

 

SEROKUでは、オークション形式で企業が直接エンジニアを選びます。

 

オークション形式のため、エンジニア側には「単価を高めやすい」「仲介手数料やマージンなどがかからない」などのメリットが存在しますが、もちろん依頼をする企業側にもメリットがあります。

 

今まで派遣やSESでエンジニアを探していた方は、プロジェクトに最適な人材が見つかりにくく、実際の能力は発注してみないと判断できませんでした。

 

SEROKUではエンジニアのプロフィールで実務経験やスキルを直接確認しながら、プロジェクトの適任者を探すことが可能です。

 

ぜひまずは無料登録から、SEROKUで案件獲得を目指してみてはいかがでしょうか。

 

SEROKU新規フリーランスエンジニア・プログラマ登録促進バナー

SEROKU新規フリーランスエンジニア・プログラマ登録促進バナー

SNSでもご購読できます。