在宅で副業しよう!プログラミング案件について解説してみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エンジニアとして会社の仕事に取り組んでいる人の多くは、帰宅後や休日を利用したプログラミングの在宅副業に興味を持っています。

自分の持つプログラミングのスキルを副業に生かして収入を増やせれば、生活にも余裕が出てくるものです。


最近は在宅でできる副業の案件がプログラミングの分野でも増えてきていますが、そうした状況を知らないばかりに収入を増やす機会を逃している人も少なくありません。

実際にプログラミングの副業を在宅で行うにはどうすればいいのか、案件の種類や注意点と合わせて解説します。

フリーランスエンジニア月収診断バナー

プログラミングの在宅副業が稼げる理由

最近は空前の副業ブームと言うべき状況が続いており、一般の会社員でも副業で稼いでいる人は珍しくなくなりました。国が副業を推奨する方向に舵を切って普及促進の姿勢を打ち出したのを受け、企業側でも社員の副業を解禁する動きが活発です。

副業そのものは以前から存在していますが、現在の副業はインターネットとIT技術の進歩を背景に在宅で手軽に始められるのが特徴です。パソコンやスマートフォンなどの情報端末を使うことで、在宅で育児や主婦業をしながら取り組めるタイプの副業が多くを占めています。在宅でできる副業はライティング・データ入力といった定番の仕事に加え、アフィリエイトやせどり・動画配信など多種多様です。

そうした副業の中でもデータ入力やブログ記事ライティング・アンケートモニターなどは難易度が低い反面、単価の低い案件が多いので高収入を稼ぐのは難しいと言われています。在宅の副業で効率よく稼ぐにはできるだけ高単価の案件を見つける必要もありますが、そういう案件は概して専門性が高いものです。

Web制作やアプリ開発・ゲーム開発といった副業は専門知識を要するだけに、高単価の案件が揃っています。エンジニアが得意とするプログラミングの分野も同様に専門性が高く全般に高単価で、しかも案件が豊富で稼ぎやすいのが特徴です。スマホアプリ開発や業務ツール開発・Web制作などもプログラミングの知識を要する仕事とあって、エンジニアが在宅で取り組む副業の有力候補に挙げられます。プログラミングに関する専門知識を持っていれば仕事で培ったスキルを生かして有利な高単価案件を受注できるため、在宅で副業を行う際にも有利になってくるのです。

在宅でプログラミングの副業を行う方法

そのようなプログラミングの仕事は、パソコンとインターネット接続環境さえ用意すれば会社でなくても作業を進めることができます。インターネットを通じてクライアントと仕事の打ち合わせをする場面を想定して、Webカメラやヘッドセットもあればさらに万全です。

そうした最低限の通信環境さえ整えておけば、プログラミングの副業は場所を選ばず仕事に取り組めます。プログラミングに使う開発ツールも、通常は無料で利用できるオープンソースのソフトウエアで十分です。Web制作などで使うフレームワークやクラウド基盤・管理ツールなども、無料で使えるケースは少なくありません。

最も肝心なのはプログラミングの副業案件をどうやって見つけるかという手段ですが、この点に関しても心配は無用です。クラウドワークスやランサーズといったクラウドソーシングサービスでは、在宅でもできるプログラミングの副業案件が常時募集されています。クラウドソーシングサイトで募集されているさまざまなジャンルの副業案件の中でも、プログラミングに関する仕事は特に高単価なのが特徴です。

クラウドソーシングサイトで募集されるプログラミング関連の副業案件以外にも、プログラミングの知識生かせる副業はいくつか挙げられます。オンラインで生徒への指導を行うプログラミングスクール講師の仕事も、場所を選ばずにできる副業の1つです。オンラインのプログラミングスクールであれば必ずしもスクールに直接足を運ぶ必要がないため、在宅でも講師の仕事が務まるのです。

在宅で副業できるプログラミング案件の種類

そういったプログラミングスクールの講師を別にしても、在宅で取り組めるプログラミング関連の副業案件にはいくつか種類があります。前述のスマホアプリ開発やゲーム開発は、在宅でできるプログラミングの副業案件で最も需要の多い分野です。スマホアプリ開発に使われる言語としてはAndroidアプリがJava、iPhone用アプリはSwiftが中心となっています。それらの開発言語に通じているエンジニアであれば、スマホアプリ開発の副業案件が最も効率的に稼げる仕事です。

Web制作やWebサービスの開発など、Web関係のさまざまな副業案件もプログラミングの知識が必須となってきます。Web関連の副業案件に使われるプログラミング言語としては、HTML/CSSとJavascriptが基本中の基本です。このうちJavascriptはWeb制作だけでなくアプリ開発の仕事にも利用されていますが、jQueryのライブラリを使える人はブラウザに依存しない形でアプリ開発の副業案件を受注できるので有利になってきます。

PHPやRuby、Pythonといった言語の知識があればWeb関連のプログラミング案件も選択肢がさらに広がり、在宅の副業でもよりいっそう効率的に稼げるようになります。HTML/CSSやPHPといったプログラミング言語とWordpressなどのCMSを組み合わせ、自らWebサイトを運営しながら広告収入を稼いでいる人も少なくありません。

ゲーム開発の在宅副業ではC++やC#といった言語に加え、ゲームエンジンのUnityを使った案件が豊富です。難易度の高いC言語が使える人ならIoT開発サービスやPOSレジシステムなど、大がかりなシステム開発案件も受注できる可能性が出てきます。そうした開発案件以外にも、業務システムの運用管理や保守業務を外注している案件で稼ぐ方法が考えられます。

プログラミングの副業を在宅で行う場合の注意点

以上のようにプログラミングの副業はインターネット接続環境とパソコンさえあれば、在宅で手軽にかつ効率的に稼げる点が最大のメリットです。一見するといいことずくめのように思える在宅のプログラミング副業も、十分な知識がないまま始めると意外な落とし穴もあります。副業を募集しているサイトの中には、最初に高額な教材費を要求してきたりするところもあるので注意が必要なのです。

一般的なクラウドソーシングサイトは、副業の仕事を募集するクライアントと仕事を請け負う人を仲介することで収益を上げています。仕事の受注が成立して報酬が発生した場合、報酬額に応じて一定割合の手数料がクラウドソーシングサイトに入る仕組みです。副業の仕事を受注する人に関してはそれ以外に教材費などの費用は発生しないのが普通ですので、高額の初期費用が発生するようなサイトには手を出すべきではありません。

在宅でプログラミングの副業に取り組む際には案件を獲得する手段が最も重要になってくるだけに、仕事を仲介するサイトにも信頼性が求めらます。プログラミングの副業案件を探す場合でも、クラウドワークスやランサーズなど実績があって信頼できるサイトを利用するのが安心です。

プログラミングに限らず在宅で副業を継続して取り組む際には、年20万円以上の所得が発生すると確定申告をする必要も出てきます。副業が認められていない会社に勤務するエンジニアだと、確定申告で副業が発覚するケースもあるので要注意です。在宅で副業に取り組むのはあくまでも自由な空き時間のを有効活用する範囲にとどめ、本業に支障のない程度に仕事をこなしながら健康にも配慮をする必要があります。

SEROKU新規フリーランスエンジニア・プログラマ登録促進バナー

SEROKU新規フリーランスエンジニア・プログラマ登録促進バナー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。