SIerはつまらない?3つの理由と楽しく仕事をするためのコツ

コンサルタント

やりがいがあると会社紹介や求人に書かれているsierですが、いざ仕事に入ってみるとイメージとは違った実態に驚きます。異業種からの転職や新卒でまだ社会を知らない人にとっては分かりにくい話ですが、sierはIT業界の中でもつまらない業務とよく言われているのです。

 

この記事ではその理由3つと、向いている人いない人がどうするべきかを学べます。

 

フリーランスエンジニア月収診断バナー

sierがつまらないと言われる理由①:客の言いなりになる

sierの企業で働くと、大きな案件を発注してくれる客の言いなりです。コンサルティングから保守運用までほぼ一貫して請け負うので、動くお金と時間はかなりの数字になります。したがって、最初に客と接する営業マンは契約成立のためにセールストークで調子が良いことを言い、結果的に誰にとっても悩むことになる可能性が高くなります。

 

客の要望に応えるのがプロですが、システムの素人である客の主張を一方的に受け入れると混乱します。理想はお互いにしっかりと協力し合う対等な関係ですが、現実ではお金を払っている客が上の主従関係になりがちです。顧客が無制限に何でも言える権利を得たと勘違いした時に、ストッパーになる存在はいません。

 

機密情報保護のために客先に常駐することが普通で、同業他社と一緒に慣れない場所で打ち合わせから開発まで進めることもストレスの原因になります。

 

客先のルールによって作業場から廊下に出るにも許可が必要になるケースがよくあり、不安定な状態で長期のプロジェクトに臨むのが大部分です。自社で作業を行う場合でも、客の都合による急な仕様変更に悩まされます。

 

sierがつまらないと言われる理由②:最新のプログラム言語を使えない

大企業であるほど古いシステムゆえ、最新の便利な機能があるプログラム言語は使っていません。作業をするシステムエンジニアの技術向上のためではないので、sierは文字通りにつまらない仕事です。要求されることも人海戦術でやっていける範囲のため、プロジェクトマネージャーが頭数をそろえる目的で素人までかき集めてくる光景が珍しくありません。

 

技術者として市場価値を高められないことは、将来の給料アップによる転職や独立が難しくなる事実を示しています。客にとっては1人の技術者は視界にも入っておらず、誰でも行える単純作業に時間が費やされていくのです。将来を見据えて仕事をしたい方にとっては、sierではとりあえず働いて給料をもらえる以上の価値はありません。

 

これまでのキャリアを活かして短期で働ける職場を求めている方にはsierが向いていますが、これから新技術を吸収して活躍したい方とは相性が悪いです。最新のプログラム言語に触れられないまま、貴重な時間が過ぎていきます。中高年になってからの新技術の習得は手間がかかるので、後から対応するとその分だけ不利です。

 

sierがつまらないと言われる理由③:実績がある安定した構造しか作れない

安定した稼働を重視しているsierでは、すでに枯れたシステムしか提案しません。同じIT業界でもWEB系ではとっくにメジャーになっているプラットフォームや技術について、sierは5年ぐらい遅れて取り入れています。信頼性と実績がある構造だから作りやすいものの、最新技術を求められる分野では即戦力になれない人材になってしまう可能性が高いです。

 

提案力と企画力という意味では、sierで働く期間が長いとどんどん衰えていきます。巨大なプロジェクトの歯車として、何の面白みも将来性もないまま、多くの会社が作ってきたシステムをなぞるだけのつまらない毎日です。

 

前例があって、上司から仕事を与えられる流れを好む方には、sierは魅力的な職場になります。ただし、開発プロジェクトはいつか終了するので、とりたててスキルのない人材から脱せずに行き詰まるリスクもあるのです。会社経営が苦しくなったら不要な人材からリストラされるので、否応なく転職や独立を強いられる未来もあり得ます。

 

sierに向いていない人材の特徴

悩む男性

自分のアイディアを活かして、自分らしく働いて、より高待遇を得たい人には、sierはあまり向いていません。向上心が強い技術者にとって、石橋を叩いて渡るsierの世界はつまらないの一言です。客の事情だけで勤務中の服装まで縛られるので、効率重視の人にも納得できない職場になっています。

 

新人にとっては、新しいプログラム言語で経験を積めない点もネックです。sierでは他にはない革新的なシステムの実績もつかず、つまらないから転職や独立をしたいが他では通用しない人材になっていたという事例もあり得ます。大企業による大きなプロジェクトは年々減っており、参加できるのは選りすぐりの優秀な技術者だけという括りが出てきました。

 

sierに向いていない人材であるのならば、早めにもっと自分を活かせるフィールドに移動しましょう。自分の頭で考える必要がない職場で目の前の作業に追われていると、変化が激しいIT業界で迷子になってしまう恐れがあります。

 

sierがつまらないと感じたらフリーランスがおすすめ

働いてみてsierがつまらないと感じたら、フリーランスになることをおすすめします。なぜなら、自分のキャリアとスキルを無理なく使える上に、契約ごとに勤務時間や仕事内容を交渉することが可能だからです。会社に所属していると意に沿わない注文まで引き受けるしかありませんが、フリーランスでは契約していないことは対象外になります。

 

フリーランスに制限はないので、sier以外の仕事も行えます。最新技術でゲームやシステムを組むWEB系にも色々と参加できるため、本当の意味で価値の高い人材になることが可能です。むろん、sierで色々な会社の中で働いた経験はムダにならず、客先常駐のフリーランスとしても活躍できます。

 

職場から資料やシステムを持ち出せない規則が一般的になっているので、相手のルールに合わせられることで付加価値をつけられます。

 

いずれにせよ、システムエンジニアに求められるのは個人としての力量と周囲との協調性です。どれだけsierでプロジェクトに尽くしても、自分の名前すら残らないキャリアでは評価されません。フリーランスに転向して、自分だから評価されることを目指してみましょう。

SEROKU新規フリーランスエンジニア・プログラマ登録促進バナー

SEROKU新規フリーランスエンジニア・プログラマ登録促進バナー

[adinserter block=”1″]

タイトルとURLをコピーしました