エンジニアとしての市場価値をオークションで確かめよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お金

独立を考えているエンジニアの方は多くいると思います。独立してから数年経ち、法人化されている方も多いでしょう。
会社員としての転職と違いフリーランスとなると、自分の市場価値がどれくらいなのか、そして市場でのニーズはどれくらいあるのか、という判断がつきづらくなってしまいませんか?
いま仕事があるからといって安心をしていると、技術や業界の変化にいつのまにか取り残されてしまう可能性もあります。フリーランスは誰も守ってくれません!

自身のスキルの価値を確かめて、自分で案件を獲得できる「SEROKU FREELANCE」で案件を勝ち取ってください。
今回は、フリーランスのエンジニアにとって非常に大切なエンジニアの市場価値と、当サービスについて解説していきます。

フリーランスエンジニア月収診断バナー

 

自身の市場価値を知るということ

市場価値

「SEROKU」では、エンジニア側の「スキルに見合った報酬が欲しい」というニーズと、企業側の「より近い距離でエンジニアを見つけたい」というニーズをマッチングさせるという、最も難しかった課題をオークション形式にすることで可能にしました。

 

エンジニアにとって次の案件がなくなるのは一番の問題ですよね。

もちろん契約書関連や保険・税金など、フリーランスとして活動するのに必要な要素はたくさんあります。しかし案件がなくなってしまえば、フリーランスとして活動していくことさえできません。

案件獲得の方法はいくつかあります。

SESなど案件紹介サイトを利用するのは・・・

多くのエンジニアが利用しているのが「SES」という形態です。

この言葉を聞き慣れない方もいるかも知ません。

SESとは、「システムエンジニアリングサービス」を略したもので、エンジニアの技術や労働力を対価に、報酬を受け取る契約形態のことを指します。

SES契約のメリットとして、一般的に、ひとつの案件が終われば次の会社、という形になっており、案件が終了してもエージェントがマッチするほかの案件を探してくれます。

長期案件でなければ短期でいろいろな仕事を経験することもできるため、スキルアップしやすい環境で働けるというメリットもあります。

 

しかし法律的には、問題点が多くなります。

SESにおいては、正式には登録した案件サイトの運営や人材会社での雇用となります。

そのため本来、業務に対する指示は常駐先の企業から受けることはできないのです。ただ、それでは実際の業務が周りづらいため、現場ではそういった指示系統の違いなどは無視されていることも多いです。

また、二重派遣とよばれる現象が起きている可能性もあります。

所属している案件サイトであるA社からB社に派遣されたのに、そのB社からC社へと派遣されるようなケースです。

その場合、会社にマージンが多く取られてしまい、C社は「100万円出しているからその分の仕事をして欲しい」のに、働いている方は「50万円しかもらっていないため要求に納得できない」、など企業側とエンジニア側との「ずれ」が生じてしまいます。

最も大きなデメリットは、エンジニアが仕事をする上で、「マージンを取られてしまっている」ことなのです。

 

本来ならもっと報酬をもらってもいい仕事なのに、手数料・マージンなどで手元に残る金額が少なくなってしまう、ということが起こってくるわけです。

知り合いの繋がりからの紹介案件では・・・

フリーランスにとってはありがたい「知り合いからの紹介」。

関係は前職での付き合いや昔のクライアントなどさまざまありますが、これらの案件は、仕事の自由度というのがかなり少なくなります。

特に前職の上司などの場合は、もともとの立場が継続することも多く、単価の相談などの際に安く受けざるを負えないということがあるのではないでしょうか?

「〇〇君なら、これくらいパパっとできるでしょう?だからさ……」

こんな言葉を受けたことある方が多いのではないでしょうか。

エンジニアとして独立した初期は新規の案件獲得が難しいため、確かに安定した取引先はかなりうれしいものです。

しかし、自身の市場価値を高め、単価を上げたいと思った際は足枷になってしまう場合もあります。

 

知り合いからの紹介案件だけで忙しく、稼ぎは少ないけど自分でクライアントに営業する時間もない……。

そうなると、クラウドソーシングやSESなどに頼らざるを得なくなり、結局「自分を安売りしてしまう」くせがついてしまうことも考えられるのです。

自分で案件を獲得することが成功への近道

成功

「フリーランス」として活躍していくには、一番はクライアントと直接取引をすることです。

責任はもちろん大きくなりますが、しっかりと実績を残していけば大きな取引につながっていきやすいということが考えられます。

 

そして単価などの面についても、SESや知り合いからの紹介案件よりも報酬を上げられる傾向があります。

 

SEROKUの一番の魅力は、「企業側と直接取引ができる」こと。

今までの形態で仕事をしていた方にとっては、クライアントと直接やり取りが手軽にできるなんて、なかなかイメージがつかないかも知ません。

 

SEROKUは、得意な言語やスキル・経験などを登録することによって、オークションが行われます。

入札が多ければ多いほど、案件の単価は上がっていくことになります。

 

そのため、プロフィールは具体的に、かつ充実させることがポイントです。

「この技術を持っているならうちでもやって欲しい!」とクライアントから思わせることが重要です。

 

実際に今までやっていた仕事がダイレクトに評価につながってきますので、今までSESなどで経験を積んできた方にとってはとくに有利になるでしょう。

 

SESでの中間マージンや紹介案件でのしがらみがない分、自分の裁量で仕事を出来る範囲が増えるのはやりがいにもつながると思います。

 

もちろんオークション形式なので、実力や経験が足りないと思われれば入札単価も低くなるかもしれません。

 

エンジニアには、いつでも時代を切り拓いていく力があります。

 

その分、いつでも同じ仕事をしていたら取り残されてしまいます。

新しいことに挑戦する力も必要ですよね。

 

SEROKUを活用して自分に見合う仕事をしっかりと見つけ、仕事に見合った報酬をもらう。

 

すると、今まで働いていた時間を、自分の勉強に充てることもできるので、さらにレベルが高い仕事にもつながるでしょう。

 

SEROKUはエンジニアがエンジニアのためにと作ったサービスです。

今まで仕事内容とお給料に満足できなかった方、不満があった方、ぜひ一度、自分を試してみてください。

 

SEROKU新規フリーランスエンジニア・プログラマ登録促進バナー

SEROKU新規フリーランスエンジニア・プログラマ登録促進バナー

SNSでもご購読できます。