TOP
お問い合わせ
  1. 掲載のご依頼
  2. メールでのお問い合せ
  3. 電話でのお問い合せ

PHPエンジニアへ。フリーランスになる前にまずは副業から!

PHPエンジニアとして、会社の仕事を一通りこなせるようになると、フリーランスが頭をよぎると思います。だけど、エンジニアリングができるからと言って、フリーランスで食っていけるわけではありません。なぜなら、スケジュール管理、リスク管理、コミュニケーション能力、etcが必要になるからです。

まずは副業から始めてみましょう

フリーランスになった時に、失敗するパターンに「副業経験がない」というのがあります。つまり、「会社のエンジニアリングしかしたことないのに、いきなりフリーランスになる」ということです。前述したように、フリーランスはスケジュール管理、リスク管理、コミュニケーション能力、etcに長けていなければなりません。そのため、まずは副業でエンジニアリングをして、「自分のフリーランスの素質」をチェックしましょう。

PHPを使ってできる副業の仕事は?

パソコンと女性

ここからは、PHPを使ってできる、副業内容に迫りたいと思います。ただ、エンジニアリング自体は、会社でやっているものと大差ありません。したがって、「これぐらいのこと、もうやってるよ」と思う人もいるかもしれませんが、お付き合いください。

Webツール開発

クライアントの要望に合わせて、Webツールを開発する副業です。これは、最も多く見かける案件かもしれません。この案件で重要なのは、「クライアントはエンジニアリングの知識がない人が多い」ということです。したがって、大雑把な説明をされることが多いと思います。そこから、クライアントの意向を読み取る洞察力が必要です。コミュニケーションを怠ると、「こういうイメージじゃない」と突き返されてしまいますから、何度もやり直す羽目になりかねません。

報酬は10万円前後から

「素人が案件を出している」ことを考えると、報酬は高くありません。1単価10万円前後が相場です。しかし、企業がクライアントになっている場合は、数十万円になる場合もあります。ただ、「副業」ということを考えると、安い単価を選んだ方が良いでしょう。なぜなら、高額案件になると、長期案件になるからです。そうすると、本業との掛け持ちが難しくなります。

コーディング案件

同業者のクライアントが多いので、ある程度の設計が仕上がっている案件です。そのため、そのクライアントが精通していない部分を、プログラミングしてあげる作業になります。お互い、エンジニア同士ということを考えると、コミュニケーションが取りやすいのがメリットですが、その反面、ジャッジが厳しくなるので、やり直しは多くなるかもしれません。

報酬は数万円程度

「ある程度設計ができている」ということを考えると、作業をする部分は少量なため、報酬は数万円程度です。「数をこなす」副業には、ピッタリかもしれません。

スクール講師

プログラミングスクールで、講師を務める仕事です。副業というより、アルバイトに近いかもしれません。「人に教える」という概要を踏まえると、何を聞かれても答えられる知識が必要になります。したがって、PHPのスキルだけでは務まりませんので、他のプログラミング言語も勉強した上で、チャレンジしましょう。ちなみに、本業の残業が多いエンジニアには向いていません。なぜなら、教える時間がきっちり決まっているからです。

報酬は1000円から

1回あたりの講義で得られる報酬は、1000円からです。高くても、5000円が頭打ちでしょう。この報酬は、もしかしたら割に合わないかもしれません。なぜなら、教える側は、それぞれの生徒のレベルに合わせて、カリキュラムを予習しないといけないからです。予習時間の報酬は、ないと考えましょう。

オリジナルのサービスを開発

オリジナルのサービスを売って、収入にする方法です。これは、高いプログラミングスキルが必要なため、チャレンジできるエンジニアは限られています。その代わり、一発当たれば大きな収入を獲得できるため、一気に本業を上回るかもしれません。

将来、フリーランスになって、「テレビCMが流れるようなアプリを開発したい!」というエンジニアは、一度は手をつけておきたい仕事です。ただ、大きな成功をつかむには、時間がかかる上に、運も必要なので、根気強くないと続きません。

トラブルシューティング

すでに完成しているシステムにトラブルがあった時に、「そのトラブルがどこにあるのか?」を見つけて、解決してあげる仕事です。そのため、プログラミングの知識に長けていないと務まりません。時には、コミュニケーション能力も問われます。なぜなら、過去にそのシステムを開発したエンジニアと、連絡を取らなければならないからです。今回紹介した仕事の中では、一番手間がかかる仕事と言えるでしょう。

まとめ

フリーランスエンジニアは、夢のある仕事ですが、決して焦ってはなりません。まずは、副業からゆっくりステップアップしてくださいね。

関連記事

  • 私はフリーランスのシステム開発エンジニアとして営業しております。 これまでエンジニアとして数多くの開発案件に関わって参りました。 システムエンジニアとしてのキャリアは、20年超となりフリーランスとなってからは、8年目とな […]

  • 現代の世の中は、溢れる情報社会の中で暮らしています。 ITの発達により直接生活に影響を与えることも多くなってきました。 そんな環境の中でエンジニアの需要も、これまで以上に高まってきています。 私自身フリーランスのシステム […]

  • インターネット上のサイトの制作に多く活用されているphpを駆使し開発していくのがphpエンジニアです。全プログラミング言語の従事者のなかでも、今や8割を超えるシェアにまで至ったphpエンジニアですが、当記事では、そのよう […]

  •  もともとJavaは、プログラミング言語としては使用されている率は非常に高く、フリーランスのエンジニアとして活躍するには、必須の知識です。 必須ではありますが、それだけ求人案件も多く、また報酬が比較的安い場合も見受けられ […]