フリーランスエンジニアの営業はどのようにすればいい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パソコン 男

フリーランスエンジニアになりたいと考えている人の多くは営業について考えていません。

実際に仕事をするためには営業をする事は必須ですから、営業についても考えておく必要があります。

 

どのような営業をしているのか、うまくいかない時はどうしたらいいのか、フリーランスエンジニアとして働きたい人はよく考えておきましょう。

 

フリーランスエンジニア月収診断バナー

フリーランスエンジニアの営業活動

フリーランスエンジニアとして活動するには営業をして自分で仕事を獲得していく必要があります。

実際にどのような営業活動をしているのかまとめて行きます。

 

メールでの営業活動

フリーランスエンジニアとして働く際には、相手もITに強い場合がほとんどですから、メールなどの営業でも結果が出ます。

 

一般的に営業と自分から出向くイメージかもしれませんが、ポートフォリオとしてWEBサイトを作成するなどして、メールで営業をかけることはよくあります。

 

SNSでの営業活動

SNSでは直接的な営業をする事は少ないですが、情報発信などをする傍らで仕事を受け付けている事も記載しておくと仕事に繋がる事があります。

特に同業との繋がりを持っておくと、そうした知人からの紹介なども期待できるでしょう。

 

知人からの紹介

SNSの知人も含みますが、知り合いに営業をかけるのも有効です。

会社員からフリーランスになったケースなどでは、会社員時代の知人から仕事がまわってくる事もあります。

 

勉強会や交流会へも積極的に参加して、名刺交換などを行って営業しておくと有効です。

 

クラウドソーシングの利用

クラウドソーシングでは様々な仕事が依頼されています。

現在は、自分から提案するだけでなく、実績やスキルを公開することで直接オファーをもらうことも増えてきました。

 

登録してプロフィールを充実させておくだけでも十分に効果があります。

 

営業代行の利用

フリーランス向けの営業代行サービスなどもあります。

エンジニアとしての収入が多く、営業に時間をつかうよりもそちらを優先した方が稼げるケースや、営業がどうしても苦手な人は利用しているケースもあります。

 

営業活動で重要なポイント

営業活動において重要なのは主に3点です。

 

1,信用があるか

仕事をするわけですから、時間も使えばお金も使います。

自分に信用がなければ全く相手にされることは無いでしょう。

 

直接合う場合は身だしなみなども含めて見られますし、WEB上で営業をかける場合は、これまでの実績やSNSの活動などから、信頼できる人なのか見られる事が多いです。

 

また、フリーランスエンジニアとして既にある程度活動している人の場合は、仕事を適当にこなしていると悪い噂が立つ可能性もあります。

 

2,スキルがあるか

仕事をするうえでスキルがあるかどうかは非常に重要です。

営業する際にはどういった事ができるのかを相手にうまく伝える必要があります。

 

口頭や文面で説明することは難しいですから、これまでの自分の作品を見せるのが一番効果的です。

見せる作品の完成度の高さで営業が成功するかどうかが決まってきます。

 

3,数をこなせるか

営業というのはダメで元々です。

声をかけた相手がちょうど自分の仕事を求めている事は希ですから、多くの場合は話すら聞いてもらえないでしょう。

 

一部の話を聞いてくれる相手にとっても、自分の仕事は必須ではないでしょうから、どれだけ上手にアピールするかも重要になりますが、そもそもの営業件数が少なければそこまでたどり着く事ができません。

 

営業から仕事につながるかどうかはタイミング次第な部分が大きいので、回数をこなしてチャンスを掴むしかありません。

 

名刺は必須

名刺

営業をするうえで名刺は必須のアイテムです。

そもそも社会人として名刺を持っているのは当然なのですが、会社に所属しないフリーランスでは自分で用意する必要があります。

 

仕事というのは、どういった繋がりから転がり込んでくるかわかりません。

元々の知人や新たに知り合った人にはとにかく名刺を配っておきましょう。

 

この際に、自分ができる事を簡単に伝えておけば、名刺を渡した本人だけでなく、その人の周りで自分を必要としている人が現れた時に、紹介してもらえる可能性があります。

 

また、名刺にはいくつか記載しておくべき情報があります。

記載すべき情報を以下にまとめました。

 

名前

これは本名でもインターネット上で活動している名前でも構いません。

とにかく自分であることが伝われば問題ないでしょう。

 

メールアドレス

仕事専用のメールアドレスを用意しておいて記載しましょう。

フリーランスエンジニアにとっては非常に重要な項目です。

 

電話番号や住所

載せておいた方が信用度は高くなりますが、在宅仕事で女性などのケースでは載せない方が良いでしょう。

 

またインターネットでの活動が盛んな人は住所バレが危険な事もあります。

配る相手によって複数の名刺を使い分けるのも良い手法です。

 

肩書き

フリーランスエンジニアと一言で表しても、実際にやっている仕事の内容は様々です。

自分の得意分野が分かりやすい肩書きをつけておくと分かりやすいです。

 

SNSやWEBサイト

インターネット上での活動が多い場合は記載しておきましょう。

特に有益な情報を発信していたり、ポートフォリオとして公開している場合なども載せておいた方が有利になる事もあります。

 

営業がうまくいかない時の解決策

フリーランスエンジニアとして働き出しても、必ず営業の成果があがるとは言えません。

むしろ、これまで営業をしてこなかった人であれば失敗するのが当然です。

そんな時の解決方法をまとめました。

 

失敗を振り返る

根本的に営業に失敗した原因を考える事は重要です。

例えば、営業している件数が少なかったり、そもそも需要がない場所に対して営業をかけているケースがあります。

 

こうした場合、需要が多そうなところへ営業を沢山かけていく必要があるでしょう。

 

できることをアピールする

営業の際に自分ができる事を明確にできていない可能性があります。

自分がどんなスキルを持っていて、どんな仕事をする事ができるのか明確にしておきましょう。

 

また、営業先では具体的にどんな変化があるのかイメージさせるのも大切です。

 

やれる事を増やす

そもそも自分ができる事が少ないと、それだけ仕事を得る機会は減ります。

根本的にできることを増やすのは難しいですが、できることに関連するちょっとした付加価値を提案できるだけでも有利になります。

 

まとめ

フリーランスエンジニアの営業についてまとめてきました。

仕事をするためには営業は必須ですので、スキルアップだけでなく営業についてもしっかりと考えて行動していくことが大切です。

SEROKU新規フリーランスエンジニア・プログラマ登録促進バナー

SEROKU新規フリーランスエンジニア・プログラマ登録促進バナー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。