プログラマーのバイトを始めるための7つのポイント

パソコン

プログラマーのバイトに初めて挑戦するときは、わからないことが多く、戸惑ってしまうことがあります。

そんなときは、よく考えずに見切り発車をするのではなく、情報を集めて整理することが大切です。

[adinserter block=”1″]

ここでは、プログラマーバイトを始めるときに役立つ情報を、7つのポイントに分けて紹介していきます。

 

フリーランスエンジニア月収診断バナー

未経験でもできるのか

プログラマーのバイトを始めるときにまず気になってしまうのが、経験の有無です。まったくの未経験だと、「本当にできるだろうか」という不安を感じてしまいます。

先に結論を述べると、未経験であってもバイトをすることは可能です。

 

仕事の内容は、バイトの先輩や正社員がきちんと教えてくれます。採用されたばかりの人をただ放っておくようなことはありません。そのため、初めての人でも、問題なく仕事を進めることができるのです。

 

ただし、知識は必要となるので、注意してください。

経験が足りない部分はフォローしてもらえますが、基本的な知識がまったくない状態だと、説明を聞いても理解することができません。それ以前に、内定をもらうことも難しく

なってしまいます。

 

プログラマーのバイトを始めるのであれば、本や無料学習サイトなどを使い、最低限の知識はインプットしておいてください。

[adinserter block=”1″]

仕事の内容 

ひとくちにプログラマーのバイトといっても、やることはさまざまです。アプリやソフトウェアの開発、サイトの作成、システムの運用管理など、企業によっていろいろな種類の仕事があります。

 

とはいえ、あくまでもバイトなので、基本的にはサポートを行うことが多くなります。専門性の高い重要な作業などは正社員が行い、アルバイトが簡単な作業を補うという形になります。

 

業務としてよくあるのは、デバッグです。これは、動作におかしなところがないかチェックして、バグなどを直す作業になります。先輩が作ったプログラムの細かい部分を修正し、より完璧な状態にしていくわけです。

 

ただし、デバッグの難易度には差があるので、少し注意が必要です。

 

Webサイトのチェックはそれほど難しくありませんが、アプリやソフトウェアは、かなりの量をこなさなければなりません。複数のOSを確認することになるため、サポートでも油断は禁物です。バイト先を選ぶときは、どんな業務があるのか、きちんと確認してから決めるようにしましょう。

[adinserter block=”1″]

給料

電卓

プログラマーのバイトは、その多くが時給制になっています。

相場は1,000~2,000円となっており、知識やスキルに応じて高くなっていきます。初めてなら1,000円でも、経験を積んでスキルを上げていけば、3,000円になることもあるのです。

 

その場合は、デバッグだけでなく、プログラミングも任されることになります。

また、都内と地方の差にも注意してください。IT企業が多くある都内では平均2,200円のところも多いですが、地方だと1,000~1,500円になっていることもあります。

 

とはいえ、時給1,000円以上というのは、アルバイトとしては高い部類です。専門的な知識や技術が求められる仕事なので、塾講師や家庭教師と同じように、給料の高いバイトとして知らています。

 

ただし、残業代がつかないところも多くあるので、選ぶときは確認を怠らないようにしましょう。

[adinserter block=”1″]

勤務日数

プログラマーのバイトは、日数が企業によってまちまちです。

週5日のフルタイムで平日が主なところもあれば、土日だけ働くところもあります。週2~3日でOKなところもあったりするので、「自分のスタイルに合うか」ということを考えて選んでみてください。

 

生活スタイルに合っていないと、続けるのがつらくなることもあります。自分の生活から大きくかけ離れていないところを探し、しっかり働けるようにしましょう。

[adinserter block=”1″]

勤務地

プログラマーには在宅のイメージもありますが、実際には、在宅でできるところは少なくなっています。基本的には、オフィスに通って勤務するスタイルです。

これは、教えてもらいながら仕事をするためです。

 

すでに説明したように、プログラマーのバイトは未経験でも十分にこなせますが、それには先輩の助けが必要になります。わからないところは教えてもらい、経験不足な面を補いながら仕事を進めていきます。そうなると、家で1人で行うわけにはいきません。

 

この特徴は、地方に住んでいるとマイナスになるポイントです。

求人の多くが東京に集中しているため、オフィスに通えない距離だと厳しいものがあります。

 

そんなときは、根気よく在宅で働けるところを探し続ける方法もありますが、引っ越しも視野に入れてみてください。距離が近くなれば、選択肢が一気に広がります。

[adinserter block=”1″]

志望動機を考えるときのコツ

志望動機では、前向きな気持ちを伝えることが大切です。やりたくなったきっかけを入れ込み、挑戦する意欲が感じられるものを考えておきましょう。

 

専門用語を調べて並べるだけの志望動機だと、用紙に記入したときの見た目はそれなりでも、説得力がありません。質問されたときにうまく答えられなかったりすると、付け焼刃であることがすぐばれてしまいます。

 

あまり飾らず、自分の気持ちをストレートに伝えるようにしてください。

また、プログラミングのために自分がやってきたことを伝えるのもおすすめです。

先述したように、初めて働くなら、基礎的な知識はある程度身につけておくべきです。

 

そのためには、実際にプログラミングをやってみる方法もあります。面接で志望動機を話すとき、そうした仕事のための努力を盛り込むことができれば、内定につながりやすいのです。

 

逆に避けるべきなのは、知ったかぶりをすることです。

 

よく知らないからといって、適当な受け答えをしてはいけません。わからない質問をされたときは、素直に知らないことを認めましょう。「知ろうとしている」という意思が伝わっていれば、よい印象を与えることができます。

[adinserter block=”1″]

やりがいとメリット

プログラミングバイトのやりがいは、自分の手がけたものが動き、多くの人に使ってもらえる点です。苦労してデバッグしたものが使われ、なおかつ高く評価されたりすると、とても嬉しいものです。

 

その経験があると、「もっとよい仕事をしよう」「スキルを高めよう」といった意欲が湧いてきます。ユーザーの反応が芳しくなかったとしても、不評な点がどこなのか知ることができれば、「次は直してがんばろう」という活力になるものです。

 

また、「技術が向上する」というメリットもあります。プログラミングの技術は、日常生活の中で鍛えられるものではありません。アルバイトで実際に仕事をこなしていけば、確実にスキルを上げることができるのです。

 

職場には先輩がいるので、わからないところを質問することで、深くしっかりと理解できる点もポイントです。これは、1人で勉強するときには得られないメリットになります。実際に働きながら、将来に役立つことをたくさん吸収していきましょう。

[adinserter block=”1″]

まとめ

プログラマーのバイトを始めるときは、ここで紹介したポイントをしっかり押さえておいてください。

 

何も知らないまま始めようとすると、うまくいかないことがあります。コンビニのバイトなどと比べて数が少なく、初めてだと難しいことも多いので、きちんと準備をすることが大切です。

 

重要なポイントをチェックしながら慎重に進めていけば、失敗を防ぐことができます。

SEROKU新規フリーランスエンジニア・プログラマ登録促進バナー

SEROKU新規フリーランスエンジニア・プログラマ登録促進バナー[adinserter block=”1″]

 

タイトルとURLをコピーしました