TOP
お問い合わせ
  1. 掲載のご依頼
  2. メールでのお問い合せ
  3. 電話でのお問い合せ

報酬が上がらないPHPエンジニア必見!単価をアップしてもらうための交渉術

フリーランスのPHPエンジニアになって、コンスタントに仕事するようになっとしても、なぜか収入が上がらないエンジニアが多いです。その理由は「単価が低いから」です。特に、駆け出しの頃は、「仕事を選んでいられない!」という思いもあるため、安い単価で仕事を引き受け勝ちだと思います。

しかし、その状態が続いてしまうと、収入が上がらないのは当たり前です。したがって、単価を上げてもらわなければなりません。

単価を上げてもらうための交渉はかなり難しい

単価を上げてもらうための交渉は、一筋縄ではいきません。クライアントは予算が決まっていますから、当然といえば当然です。「そこをなんとか!」と無理を言ってしまうと、せっかく気づいていた関係も崩れかねません。

単価を上げてもらうためのコツ4選

ビジネスマン

今回は、単価を上げてもらうためのコツを4つにまとめてみました。なかなか単価が上がらないとお悩みのフリーランスエンジニアは、参考にしてみてください。

その1、資料作成はしっかりと

クライアントに、口頭だけで「単価を上げて!」と、交渉するのはナンセンスです。きちんと資料を作って、社会人らしく交渉してください。内容が薄い資料は、一目見ただけで突き返される恐れがあります。したがって、「自分がクライアントだったら、どんな資料に心を打たれるのか」を意識しながら資料を作ってください。

・タブレットを使っても大丈夫

紙媒体の資料を使うのにプラスして、タブレットを使ってもいいと思います。タブレットを使えば、自分のエンジニアスキルもアピールできますし、資料を何枚も用意する必要もなくなるので、便利です。「IT関係」ということを考えると、タブレットの方が、好まれるかもしれませんね。

その2、プレゼン力を身につける

フリーランスのエンジニアとして食べていくためには、プレゼン力も必要です。これは、どこのサイトを覗いても、意外と書かれていない概要だと思います。エンジニアは、パソコンに向かって黙々と仕事をする人が多いので、プレゼン能力が高い人は少ないです。だから、ここで躓くフリーランスは、たくさんいます。実際に、私も自分のプレゼン力のなさを何度も痛感しました、、、。

・スキルを過剰にアピールするのはNG

プレゼンする時に大切なのは、スキルのアピールばかりをしないことです。スキルに自信があるエンジニアは、自信満々なプレゼンをしがちなので、クライアントから煙たがられる恐れがあります。

・社会人らしさを忘れてはならない

クライアントは、エンジニアとしてのスキルを見るだけではなく、その人の人柄も見ています。社会人として働くわけですから、当然といえば当然です。したがって、社会人らしい言葉遣いを意識してください。声のトーンや話すスピードなども、意識してみましょう。口下手なエンジニアは、「自分が伝えたいことが、相手に伝わっているのか?」を、何回もシュミレーションしましょう。

・服装にも気遣いを

「社会人らしさ」という側面で言うと、服装の清潔感にも気を使いたいところです。もちろん、スーツがベストです。シワのないスーツを着て、ネクタイをビシッと閉めて、綺麗な靴を履いてください。寝癖が付いているなんてもってのほかですし、無精髭を残さないように、髭も剃りましょう。

その3、仕事は迅速かつ丁寧に

単価を上げてもらうためには、日頃の仕事をきちんとこなしているのが、大前提です。仕事は早いに越したことがないため、納期ギリギリに提出するのではなく、余裕をもって提出してください。早ければ、ミスがあっても良いわけではないので、丁寧にこなすのは大前提です。これをコンスタントに繰り返すことで、正当な評価につながります。

その4、やり直しにも迅速に対応を

提出したプログラミングが、クライアントの意図していない出来だった場合は、やり直しを要求されます。他の案件を掛け持ちして、忙しい時もあるかもしれませんが、やり直しには迅速に対応してください。

・迅速な報告もお忘れなく

もし、やり直しの納期が遅れそうな時は、すぐさま報告を入れましょう。この報告が遅れると、クライアントとの関係が悪化しますので、単価アップは夢のまた夢です。

・途中で投げ出すなんてもってのほか

やり直しが面倒くさいからといって、途中で投げ出してしまうのは論外です!「そんな事やるエンジニアいるの?」と思う人も多いかもしれませんが、稀にこういうフリーランスはいます。このようなエンジニアは、どのクライアントと組んでも、単価アップすることがありません。そのまま収入が上がらず、会社員のエンジニアに逆戻りすることでしょう。

●まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は、単価の上げ方のコツをまとめてみました。PHPは、長く稼げる言語ではありますが、習得しやすい言語ということもあり、元々の単価はそんなに高くありません。ですから、PHPで高収入を狙うのであれば、単価アップの交渉は、いつかぶつかる壁です。その時にドロップアウトしないように、今のうちから気持ちを固めておきましょう!

関連記事

  • Webアプリケーションを開発するうえで、欠かせないプログラミング言語の「PHP」。フリーランスになってからも、バリバリ活躍してくれる、プログラミング言語です。私もよく利用しています。そこで今回は、「私が、PHPを使って、 […]

  • PHPエンジニアを募集している企業にはどんなものがあるのか?また、就職した後の年収の話や転職の話、フリーランスのことなど。私が感じた実態を述べてみたいと思います。 ◎PHPエンジニアを募集している企業とは? PHPエンジ […]

  • 会社に勤めているエンジニアは、会社が用意するサポートを受けて、キャリアアップすることができます。しかし、フリーランスになったエンジニアは、そういうわけにはいきません。「私は、PHPだけで稼げれば十分」と思うフリーランスも […]

  • インターネット上のサイトの制作に多く活用されているphpを駆使し開発していくのがphpエンジニアです。全プログラミング言語の従事者のなかでも、今や8割を超えるシェアにまで至ったphpエンジニアですが、当記事では、そのよう […]