アルバイトから始めよう!未経験からエンジニアとして成功するために

未経験者でもアルバイトからスタートしてエンジニアを目指せるのかどうかという点は、技術系の職種を志す人にとって大きな問題です。エンジニアの仕事は専門的スキルが求められるだけに、そういう不安を抱くのは無理もありません。

[adinserter block=”1″]

経験を持たないばかりにエンジニアを目指す道を断念し、将来の可能性を自ら狭めてしまうのはもったいないことです。実際にはエンジニアも未経験のアルバイトからキャリアを開始することは十分に可能ですので、求人の見つけ方や始める前の準備を含めた基本情報について解説します。


フリーランスエンジニア月収診断バナー

 

エンジニアにはアルバイトの求人も多い

一般にエンジニアという職種は工学やIT分野における技術者を意味し、機械やシステムの設計・開発から運用・管理までを担当するのが主な役割です。さまざまな産業ごとに求められる知識やスキルが異なるため、システムエンジニアやプラントエンジニアなどエンジニアにもいろいろな種類があります。
有名企業では特定分野の知識に強い大学院の卒業生を中心に採用し、即戦力のエンジニアとして優遇しているのも事実です。とはいえエンジニアの全員が最初からそうした専門知識を持っていたわけではなく、仕事を通じてスキルを身につけながら一人前になったという例も少なくありません。企業の技術系部門に新卒で採用され、正社員として働きながら仕事を覚えていくというのがエンジニアとしての成長の一般的なコースです。
企業が募集しているエンジニアの求人はそうした新卒の正社員だけでなく、中途採用の社員やアルバイトの求人も多く見られます。エンジニアのアルバイトは正社員のエンジニアを補佐するような仕事が基本ですが、実力が認められて難易度の高い仕事を任されるようになり、正社員に昇格したという例も珍しくありません。
企業の側ではプロジェクトの進捗度合いや案件の受注状況によってエンジニアの仕事量にばらつきが生じ、人員配置が難しくなるという経営課題を抱えています。繁忙期になると正社員のエンジニアだけでは対応しきれなくなるため、彼らの負担を軽減させてプロジェクトを円滑に進めようというのがアルバイトを雇用する1つの理由です。

[adinserter block=”1″]

未経験者でもエンジニアのアルバイトは可能

正社員を補佐するのがアルバイトの役目とは言え、エンジニアの仕事には最低点のITスキルが求められてきます。ITエンジニアの例ではアルバイトであってもプログラミングなどの知識が必須のように思いがちですが、実際の求人を見ると必ずしもそうとは言えません。未経験者歓迎でエンジニアのアルバイトを求人し、プログラミング等の知識も初歩から教育してくれる企業は少なくないものです。エンジニアの仕事を経験したことがない人でもそういう企業にアルバイトとして採用されれば、エンジニアとして働く上で欠かせないITスキルを基礎から学べます。
エンジニアが担当する仕事の範囲は幅広く、大規模なシステムの開発からネットワークの運用・監視まで職種もさまざまです。ITエンジニアのアルバイトはそうした中でもプログラムの動作テストやデバッグ作業、ネットワーク監視業務など、難易度がそれほど高くない仕事を任せられるのが一般的です。能力や習熟度に応じて任される仕事の難易度が徐々に上がり、優秀な人はアルバイトであってもプログラミング業務を任されるようになります。
現在では当たり前のように高度なエンジニア業務をこなしているような人でも、当初はこうした未経験者歓迎のアルバイトからキャリアをスタートさせたというケースは少なくありません。書籍などで独学することでもプログラミング等の知識は身につけられますが、仕事の現場で実際に働きながら覚える方が断然有利です。将来的に正社員のエンジニアを目指すにしても、学生時代にこうしたアルバイトを経験していれば就職活動でプラスになります。

[adinserter block=”1″]

エンジニアのアルバイトを探す効率的な方法

エンジニアのアルバイトを探すには求人誌や求人広告・掲示板を利用するという手もありますが、求人情報サイトで探すのが最も効率的なやり方です。インターネット上にはエンジニアのアルバイトだけでも膨大な数の求人情報が存在し、想定される勤務地もほぼ全国に及びます。数ある求人案件の中から自分が通勤できる範囲の求人に絞り込むには、地域名を含めたキーワードで検索するのが便利です。
検索エンジンを使ってそうした求人を見つけるのも1つの方法ですが、アルバイト専門の求人情報サイトを使えば希望条件に合った求人が探しやすくなります。たいていのアルバイト求人情報サイトは希望エリアや地域名で求人を絞り込むシステムが採用されており、駅名や路線から検索することも可能です。エンジニアのアルバイト求人はどうしても東京周辺など大都市に集中しがちですが、リモートワークに対応した求人なら地方に住んでいる人でも在宅で働くことが可能です。
こうしたアルバイト求人情報サイトに複数登録しておけば新着求人の通知なども受信できるようになり、希望条件に合った求人を探すのに有利です。時給や勤務時間などの条件面に加え、未経験で採用が可能なのかどうかといった情報もサイトの求人情報で知ることができます。エンジニアのアルバイトは1,000円から1,500円程度がスタート時点の平均的な時給相場で、仕事内容が高度な案件ほど時給も高くなるのが一般的です。

[adinserter block=”1″]

エンジニアのアルバイトを始めるための準備

求人情報サイトには未経験者OKというエンジニアのアルバイト案件も多く見つかるとはいえ、職種や仕事の難易度によって時給に差が出てくる点は否定できません。職種ごとに見るとアプリ制作やシステムエンジニアなどは時給が高めなのに比べ、プログラマーやサーバー管理業務等は全般に低めです。アルバイトの仕事を通じて経験を積んでいけば実力が認められるようになり、途中で時給をアップしてもらえる可能性があります。
ただ、スタート時点での時給が高い人ほどアルバイトでも高収入が稼げる計算となりますので、あらかじめ予備知識を持っていればエンジニアとしてのキャリアを築くのに何かと有利です。エンジニアのアルバイトを採用する企業の側でも予備知識ゼロから教育するよりも、ある程度のITスキルを持った人を採用した方が教える手間が省けるというメリットがあります。
ITエンジニアの例だとPCの基本操作はもちろん、プログラミングに関する知識があればアルバイトも始めやすいものです。特にアルバイト募集が多いWebエンジニア関係では、HTMLやCSSに加えてJavaScriptやPHPに関する基礎知識を持っていれば仕事を覚えるのも早くなります。アプリ開発を担当するエンジニアにはObject-CやSwift、Javaといったプログラミングの知識も不可欠です。

[adinserter block=”1″]

まとめ

エンジニアのアルバイトを始めるには、知識が必須というわけではありませんが、予備知識があるのとないのでは時給の上がり方にも差が出てきます。事前にプログラミングスクール等を利用して基礎的な知識を学んでおけば、エンジニアのアルバイトを始めてからの仕事への対応力が上がるのは間違いありません。

SEROKU新規フリーランスエンジニア・プログラマ登録促進バナー

SEROKU新規フリーランスエンジニア・プログラマ登録促進バナー

タイトルとURLをコピーしました