もう無理…。よくあるエンジニアの転職理由5つとその後

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エンジニアは様々な理由によって転職をして、満足できる働き方を実現しています。そんなエンジニアの転職なのですがどのような理由で転職が行われているのか把握していない方も少なくありません。今回はエンジニアのよくある転職理由5つ別にどのようにして転職をしているのか紹介します。


フリーランスエンジニア月収診断バナー

 

収入を増やすため

エンジニア転職の理由として、給料アップを目的に実施する方がたくさんいます。IT企業によって同じ仕事内容でもどのくらいの給料を貰えるのか異なってきます。たくさんのお金を獲得することができれば、高いモチベーションを保ちながら仕事ができます。仕事意欲にも繋がってくるので、できる限り多くの給料を貰えるIT企業をエンジニアが選択しています。
IT企業によっては人件費を節約するため、かなり少ない給料に定められているIT企業も存在しています。そのようなIT企業に長い間在籍していても高収入が約束されているとは限りません。その為にも高い給料を支払ってくれるIT企業に転職するエンジニアが多いくいます。また給料が高いだけではなく、頻繁に昇給をしてくれたり、高い賞与を支払ってくれるIT企業は高収入が見込めるため人気が高いです。

納得できる仕事に携わるため

既存の仕事内容に納得することができないエンジニアは、自分が希望する仕事に携わるため積極的に転職をしています。同じIT企業に転職しても、使用言語の違いや、システムやプログラム開発が得意なIT企業、ネットワークやサーバ関連のIT業務が得意なIT企業など、それぞれの事業によって業務が異なるのです。
エンジニアによって得意分野や、仕事に求めているものは大きく異なります。ただエンジニアとして一括りにして雇われた企業の場合、自分の持っているスキルを生かすことができないため、働くことへのモチベーションが低下しやすいです。モチベーションの低下は業務効率に直結するため、社内での評価も下がり、さらに自分の求めている業務が回ってくる機会は減ってしまいます。どの業種においても人には得意不得意はありますが、特にエンジニアは専門的な業種であるため、向き不向きが顕著に現れるほか、スキルを生かしきれない環境へのフラストレーションの感じ方も他の業種と比べて大きなものになります。そのため、自身のスキルを活かせて、納得のできる職場を求めて転職をするエンジニアが多くいるのです。

正当な評価を得るため

自分の価値がどのくらいなのか気になるエンジニアも多いです。既存のIT企業では全然評価されていないエンジニアでも別のIT企業では、大きく評価してもらえるケースも少なくありません。そこで自分にどのくらいの価値が存在しているのか再認識するために転職を検討しているエンジニアもいます。
ここで多くのIT企業からスカウトもしくは引き抜きなどの対応を受けた場合、それだけ優秀なエンジニアの証明になります。正当な評価してくれるIT企業に転職することができれば、仕事意欲向上し、スキルと収入のアップに繋がります。
残念ながらIT企業によっては、複数のエンジニアがすでに重要なポジションで仕事をしているため、中々昇進できないケースがあります。この場合、どんなに優秀なエンジニアでも正当な評価を受けるのが難しいため、さらに次の企業へ転職するエンジニアが多くいるのです。

人間関係

エンジニアの転職理由で、人間関係が嫌で転職する方も多いのが実態です。エンジニアといえば、一人で黙々と仕事するイメージがあるかと思いますが、実際にはコミュニケーションが多発する業種なのです。エンジニアは、他のエンジニアと協力しながらシステム構築やネットワーク監視などの業務を行っていきます。しかしエンジニアによってはどうしても性格の不一致が発生してしまいます。仕事を一緒に行うエンジニア同士の関係が悪いと効率よく業務を遂行することができません。またトラブルやアクシデントが発生した時、柔軟に対応できず深刻な状況に発展しやすいです。最悪の状況として、人間関係が原因で案件から外されるというケースも実際に発生しています。
そのような状況を避けるため、人間関係が良好に保たれている職場を求めて転職するエンジニアが多くおいます。良好な人間関係が保たれているIT企業は、効率よく働けるだけではなく、トラブルが発生した時も力を合わせ対応しやすいです。このように人間関係によって、業務の効率性に大きな影響を及ぼすので、幅広い年齢のエンジニアが良好な人間関係が築きやすいIT企業に転職しています。

福利厚生

緊急事態が発生してしまう場合、福利厚生が充実しているIT企業に務めておけば、緊急事態が起きた時も柔軟に対応できるので安心です。有給休暇が多めに設定されている場合、深刻な病気もしくは怪我をした場合でも一定の給料を得ることができます。そして無理なく仕事に復帰できるので、精神的な負担が少ないです。
また資格手当が設定されているIT企業は、その資格を取得することで一時金もしくは月の給料がアップする場合があります。自分のITスキルを高められるだけではなく、給料アップも目指せるので資格手当が設定されているIT企業は人気があります。そのほかにも残業代が全額支給されるのか、一部しか支給されないのかIT企業で異なります。
近年は働き方の見直しがされており、福利厚生がとても充実しているIT企業が増えてきています。しかし、福利厚生が整えられていないIT企業もまだ多いため、安心して働くために多くのエンジニアが福利厚生が充実しているIT企業に転職しています。

まとめ

現在、多くのIT企業ではエンジニア不足が叫ばれているため、エンジニアの需要が高まっています。またエンジニアのスキルは1つの業務だけでなく、広い範囲で活用することができるため、転職が盛んに行われているのです。

SEROKU新規フリーランスエンジニア・プログラマ登録促進バナー

SEROKU新規フリーランスエンジニア・プログラマ登録促進バナー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。