10代でフリーランスエンジニアとして活躍するポイント

さまざまな年代のフリーランスエンジニアが存在している中、10代で活躍しているフリーランスエンジニアも少なからず存在しています。ただしどのような能力を身につければ良いのか分からないケースも少なくありません。

[adinserter block=”1″]

高い能力を身に付けないと活躍することができないのがフリーランスエンジニアになります。そこで10代のフリーランスエンジニアとして活躍するには、どのような能力を身につければ良いのか紹介していきます。


フリーランスエンジニア月収診断バナー

10代で活躍するフリーランスエンジニアはかなり少ない

10代で活躍するフリーランスエンジニアは、他の年代と比較してもかなり少なくなっています。その理由として、IT知識とスキルが不足していることが関係しています。他の年代では、年齢に合わせてIT知識やスキルを身につけており、身につけた能力を発揮している一方、10代のフリーランスエンジニアは、勉強不足のケースが多く、なかなかIT案件で能力を発揮することができないです。これによってIT企業によっては、10代のフリーランスエンジニアを敬遠する場合もあります。

次に他のフリーランスエンジニアと比較して、圧倒的に経験が少ないです。経験はとても重要で、ある程度経験があるフリーランスエンジニアは、あらゆることを想定しながら仕事を行えます。トラブルやアクシデントを回避できるだけではなく、万が一の状況が発生した時も柔軟に対応できるので心強い存在として頼ることが可能です。しかし10代のフリーランスエンジニアは、経験値が不足しているのでこのように活躍するのが難しい状況です。

それでも10代だからといって、必ずしも案件に携わることができないという訳ではありません。年齢に関係なく、参入することができるIT案件はいくつもあるので、色々とチェックしていけば、10代のフリーランスでも仕事に携われる可能性があります。

[adinserter block=”1″]

ITに関する知識を得る為に資格取得を目指す重要性

何としても10代のフリーランスエンジニアとして活躍したい場合、ITに関する資格取得が必要です。IT資格を取得する事で、どのような能力を身につけているのかある程度把握できます。そして優秀な能力を身につけている10代のフリーランスエンジニアとして証明することができれば、さまざまな案件に携われるようになります。

基本情報技術者試験や応用情報技術者試験の他にマイクロソフトオフィススペシャリストなどアピールしやすい資格がいくつも存在しています。これらの資格を取得する事で、一定以上の能力を身につけている10代のフリーランスエンジニアとして証明可能です。

ただし注意しないといけないのは、これらの資格を取得するには一生懸命勉強しないといけないです。合格率がかなり低く設定されていますし、人によってはなかなか取得できない恐れもあります。それでも一生懸命勉強していき、少しずつIT知識を身につけることができれば、取得できる資格です。

過去問題を実施したり、各々のIT資格に関する教材を使用して勉強するなど地道に努力しておけば、取得する事ができるので10代のフリーランスエンジニアも貴重な人材として働けるでしょう。

[adinserter block=”1″]

ITスキルだけではなくコミュニケーション能力も重要

ITスキルを身につければいいだけではなく、フリーランスエンジニアとして活躍するには、コミュニケーション能力も必要不可欠です。特に客先常駐するフリーランスエンジニアの場合、他のエンジニアとコミュニケーションを取りながらシステム開発やネットワーク構築などを行わなくてはいけません。もし、コミュニケーション不足だと円滑に連絡を取ることができなくて作業効率が低下したり、深刻な状況に発展しやすくなるので要注意です。

また近年は在宅で仕事をするフリーランスエンジニアも増えており、コミュニケーションを行えるようにチャットツールの使用を求める案件も増えています。この時も同様にコミュニケーションを取れないとトラブルに繋がる恐れもあるため、気をつけないといけません。

どのような結果を求めているのかクライアントに対し、積極的に連絡を行ったり、深刻な状況が発生している時は他のエンジニアの手伝いをするなどが大切です。このようなことを積み重ねることで徐々に信頼されていき、10代のフリーランスエンジニアでも活躍できる可能性が高まります。

[adinserter block=”1″]

少しずつIT案件の経験値を養うこと

10代のフリーランスエンジニアが必ずしもIT案件に携われないということはありません。中には10代でも魅力的な人材としてアピールする事ができれば、仕事に携われる案件も存在しています。

少しずつIT案件に携わっていき、経験値を養っていけば、優秀なフリーランスエンジニアとして成長できます。10代の時はそこまで優秀ではなくても20代30代と年齢を重ねることで、高い能力を発揮できるフリーランスエンジニアに成長できるチャンスがあると言えるでしょう。。

そのために重要なのは、10代の時は案件の種類に関係なく、まずは色んなIT案件に携わることが大切です。IT案件は開発だけではなく、ネットワークやテストなど色んな案件が存在しており、各々のフリーランスエンジニアが働いています。

10代のフリーランスエンジニアは圧倒的に経験値が不足しているので、色んな案件に携われば、経験値を養えます。特に10代の若い時に色んな案件に挑戦することで、将来その経験を活かすことができ、高いパフォーマンスを発揮できる可能性が出てきます。

まずは勇気を出して案件に応募していき、貴重な経験値を養うことが重要なポイントです。

[adinserter block=”1″]

どのようなフリーランスエンジニアを目指すのかよく考えること

10代の時にどのようなフリーランスエンジニアを目指すのか考えておくことも大切です。開発だけではなく、ネットワーク監視や構築以外にテスト業務など色んな案件があり、携わることができます。

開発を目指す場合、開発言語を極めることで高度な開発も実施できるようになり、たくさんのお金を稼げるようになります。ネットワークもしくはサーバ関連を極めたい場合、監視や構築のスキル向上を目指していけば、貴重なフリーランスエンジニアとして活躍が可能です。

全ての能力を極めるのは残念ながら難しく、現在活躍しているフリーランスエンジニアは一つのことに特化しているケースがほとんどです。10代の時に目標を定めておけば、それに合わせて努力していき、優秀なフリーランスエンジニアとして成長しやすいので重要です。

10代のフリーランスエンジニアによって、どのようなエンジニアになりたいのか異なってくるので、じっくりと考えなくてはいけません。

[adinserter block=”1″]

まとめ

現状10代のフリーランスエンジニアの活躍は難しい状況ですが案件によっては、携わることが可能です。少しでも案件に参入できるようにIT資格を取得したり、高いコミュニケーション能力を身につけるなどが大切です。そしてどのようなフリーランスエンジニアを目指していくのか目標を定めることも重要です。

SEROKU新規フリーランスエンジニア・プログラマ登録促進バナー

SEROKU新規フリーランスエンジニア・プログラマ登録促進バナー

タイトルとURLをコピーしました