フリーランスエンジニアで在宅案件を獲得するには

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

在宅作業

作業時間や通勤のストレスを感じることなく、自分の好きな時間・場所で仕事ができるのがフリーランスの魅力です。

フリーランスのエンジニアに限らず、フリーランスである以上、作業の全てを自分一人で行う必要があるため、確定申告やクライアント側との契約・交渉などのさまざまな知識・スキルが身につきます。

フリーランスとして働くことには、もう一つのメリットがあります。それは、案件の内容も自分で選べるということです。案件にはさまざまな種類があり、自分に合った案件を選択することが可能なので、大きな魅力の一つといえます。

なかでも、在宅案件に魅力を感じる人は多いでしょう。今回は、フリーランスエンジニアの案件において在宅のものはあるのかを解説していきます。

フリーランスエンジニア月収診断バナー

フリーランスエンジニアの在宅案件はあるのか

 

フリーランスエンジニア向けの案件紹介サイトの在宅案件には、

  • PHPの開発支援
  • アプリケーション開発作業
  • カスタマイズ対応に伴う開発支援
  • 不動産会社向けの自社プロダクト開発・運用

などがあります。

 

ただし、最初はどうしても企画の進め方・やり方などを確認する必要があり、すり合わせなどを行いながら進めたいという思いが企業側にはあります。

そのため、週1回又は月1回程度で訪問や打ち合わせが可能な方を限定しているケースが多く、完全な在宅での作業は難しいのが現実です。

案件を掲載している企業の多くは勤務地が都会であることが多いため、地方に住んでいる人は打ち合わせの度に来訪する羽目になってしまいます。

案件を探している人は、その案件の勤務時間や勤務条件などを細かく確認するといいでしょう。

フリーランスエンジニアの在宅案件の内容

パソコンで作業する人

在宅案件で求められる主な作業内容については、システム開発、スマートフォンアプリケーション開発、WEBサービス提供、ARナビゲーションの新規開発などが挙げられます。

エンジニアは専門的な知識が必要なため、できることが多いに越したことはありません。

もし、仮に募集している内容と自身のスキルが合わない場合であっても、クライアントによっては契約を結んでくれるケースもあります。

特に必須スキルについて、「開発経験〇年以上」と示されている場合であっても、諦めずに相談してみることが大切です。

そのほかのスキルが高く評価されれば、提示内容とは違う作業を任されることも充分あり得ます。

 

そのため、まずはクライアント側と交渉をしてみてみましょう。

そして、契約を結んで作業を進めるごとに自分のできるスキルを増やすことで、契約を結ぶことのできる案件が多くなっていきます。

在宅は自分一人での作業になるため、自律精神が必要になります。

初めは自分のできることからコツコツと進めて経験値を稼いでいきましょう。

フリーランスエンジニアの在宅案件の単価

 

このフリーランスエンジニア向けの案件紹介サイトでは、在宅案件における報酬は単価ではなく、月収として提示しています。

その金額は110,000~700,000円と幅広いですが、金額が高くなるにつれ、その分担当する業務も多く、非常に責任感が必要な案件になっています。

また、契約期間に関しても、即日~短期や随時~長期までさまざまなものがあります。

 

なかには就業時間が予め定められている案件もあります。

時間の都合がつきにくい、あるいは時間に縛られたくないというフリーランスエンジニアにとっては不都合でしょう。

それに加え、提示されている報酬はあくまでも目安です。

自身の能力やスキルによっては報酬が上乗せされたりするケースもあるので、提示されている金額に囚われないことが大事です。

案件の報酬もそうですが、自分の能力・スキルに合った案件を選ぶのと同時に、契約が結ばれた際にはその金額に見合うだけの作業をする必要があります。

 

契約を結んだクライアント側は、あなたを信頼したうえで契約を結んでくれています。

その期待を裏切らないためにも真摯に取り組みましょう。

在宅フリーランスエンジニアが案件を獲得するには

ひらめき

フリーランスエンジニアが案件を獲得する主な方法として、

  • 人脈から紹介してもらう
  • エージェントサービスを利用する

などが挙げられます。

人脈から紹介してもらう

 

人脈を作るのであれば、会社員としてエンジニア業をすることが一番手っ取り早いでしょう。

会社に勤めている間は上司や同僚、後輩といった人間関係が自然に築かれていきます。

一方で、フリーランスで働く人は個人で活動するのが一般的です。

そのため、知らないうちに人間関係が狭くなりがちです。

そうならないためにも、人脈を築いていく必要があります。

 

フリーランスが人脈を築く方法としては、交流会などの参加やSNSを活用することが挙げられます。自分と同じ立場の人と交流を深めることで、よりモチベーションがアップするでしょう。フリーランスで働く人にとって、人脈の形成はこれから事業を進めていくうえで必要不可欠です。

また、案件を獲得していくなかで、依頼主との関係を築くことも人脈を広げることに繋がります。

 

多くの人脈を持てば、自ら案件を探さなくても紹介してもらうことができるので、継続して獲得しやすくなります。

エージェントサービスを利用する

 

エージェントサービスとは、自身のスキル・希望にマッチした案件を紹介し、面倒な交渉・契約を進めてくれるサービスのことを指します。

単発の仕事が多く、単価の低いクラウドソーシングとは違い、エージェントサービスはその会社と短期契約といった形で、期間内にさまざまな案件や業務に携わることができます。

そのため、個人では契約ができないような大手企業のプロジェクトや単価の高い仕事を引き受けることができます。

当然、エージェントサービスの登録に制限はありません。複数のエージェントサービスに登録し、自分のスキル・経験に合った案件を請けるといいでしょう。

 

ただし、エージェントサービスでは案件を獲得すると、手数料として報酬から2割ほどの金額を支払わなければなりません。

もし、受注した案件の報酬をもれなく獲得したい場合は、当サイト「SEROKU」のような手数料を必要としないサービスを利用するといいでしょう。

SEROKU新規フリーランスエンジニア・プログラマ登録促進バナー

SEROKU新規フリーランスエンジニア・プログラマ登録促進バナー

SNSでもご購読できます。