副業エンジニアは継続して案件獲得が重要!その理由と方法

エンジニア副業案件①

現在会社員や主婦の副業としてフリーランスのエンジニアが注目を浴びています。

副業エンジニアは数多く存在し、自分の持つスキルと時間を有効活用するチャンスです。(法律上、会社員の副業は禁止されていませんが、企業の就業規則によって禁止されている場合があります。)

[adinserter block=”1″]

エンジニアとして副業をしたいと思っている人はまず案件がどのように回っているのか、ほかのエンジニアはどのように案件を獲得しているのか、ノウハウを知らないままでは安定した副業収入は得られません。

そこで、副業エンジニアがどのようにして案件を獲得しているのかを紹介します。

フリーランスエンジニア月収診断バナー

副業エンジニアはどうやって案件を獲得するのか

エンジニアが副業で案件を獲得するためにはいくつかの方法があります。

そのうちの4つの例をここでは紹介します。

 

クラウドソーシングサイトを利用する

1つ目の方法としては、クラウドソーシングサイトに登録して案件を探すことです。

サイト上には、フリーランスのエンジニアに仕事を委託しようと考えている企業や個人が、数多く存在しその中から自分に合った案件を探すことが可能です。

自分にできそうな仕事を選んで自由に応募することができるので、数多くの仕事の中から単発で自分に合ったものを獲得したいという人には、クラウドソーシングサイトを利用するのがおすすめです。

▼クラウドソーシングについて解説した記事はこちら▼
エンジニアが副業をするためにクラウドソーシングサイトを使うのはアリ?

 

知人の紹介

2つ目の方法としては、友人や知人を仲介して副業にできる仕事を紹介してもらうというやり方があります。

エンジニア同士の情報交換の場であるサロンや、勉強会などが数多く存在しているので、そこに顔を出してみることもスキル向上とともに案件獲得に繋がる大きな一歩となります。

また知り合いを仲介すれば仕事内容の相談や報酬の交渉がうまくいきやすいというメリットもあります。

 

SNSなどを利用する

3つ目の方法としては、WebサイトやSNSを利用して、自分が求めている案件や持っているスキルをアピールすることがあります。

ネット上に自分の情報を公開しておくことで、人材を探している人の目に留まる場合があります。スキルを持っている証拠として、ポートフォリオを作成し、自分が何をできる人間なのか掲載しておくことで、いざ始めた際に認識の相違が生まれることがなくスムーズに仕事が進みます。

自分が魅力的な人材であることを積極的にアピールして、より多くの案件を獲得できるようにしましょう。

 

エージェントを利用する

4つ目の方法としては、エージェントを利用することです。

先ほどあげたクラウドソーシングサイトを運営している企業によってはエージェントにも力を入れている企業も少なくありません。

クラウドソーシングサイトとの違いは単発での契約ではなく企業との契約なので安定して案件を取ることができることがあげられます。

副業としてエージェントを使い案件を探す場合は、注意が必要で、エージェントは本来フリーランス向けのサービスですので、副業としての契約は探すのが難しいことがあります。

 

 

どの案件の取り方にも共通することは、自分に合った案件を引き受け、それを誠実にこなすことです。

仕事の要件や納期をきっちりと守り、契約相手ときちんとコミュニケーションをとって正確な仕事を心がけましょう。

信頼のおけるエンジニアであることを分かってもらえれば、新しい仕事の依頼が来たり、より高度な案件を任せてもらえたりするチャンスがあります。

簡単な仕事であっても、相手からの信用を第一に考えて丁寧に案件をこなすことが大切です。

[adinserter block=”1″]

副業エンジニアが継続して案件を獲得しなければいけない理由

エンジニア副業案件②

エンジニアとして副業をする場合、継続して案件を獲得していく必要があります。それにはいくつかの大きな理由があります。

 

経済的な問題

案件をたった1回こなすだけではほとんど稼ぎが得られず、副業をやっている意味がなくなってしまうからです。

副業による収入は自分自身の生活に関わってくることなので、生活を維持していくために1回きりではなく継続して案件をこなしていくことが必要なのです。

 

スキル向上

継続して案件を数多くこなし続けることで自分自身のスキルを高めていくためです。実務経験がもっともスキルの向上に繋がります。逆に経験が乏しければ、どれだけ勉強をしていても、いい案件は請け負うことができず、大した収入は得られません。

自分の能力を高めていき、より高度な案件に積極的にチャレンジすることが大切です。

できるだけ間隔を開けずに次の案件に取り掛かれるようにしましょう。

 

クライアントとの信頼関係の構築

継続してきちんと案件をこなしていくことで、仕事を委託する側からの信頼を得ることができるためです。

副業のエンジニアの場合、単発での案件となる場合が多いかと思いますが、自分に合った案件を抱えたクライアントとは長く付き合うことがあります。信頼を得るとクラウドソーシングサイトやエージェントをかまずに、個人での契約が生まれることもあります。

またここでいう信頼は人間関係のものもありますが、一番はスキルへの信頼と考えましょう。

トレンドを知る

継続して案件を獲得する中で、現在エンジニアに求められているものが何かを知ることができます。どんなスキルが求められているか、何を身につけるべきかをいち早く知るには現場を知ることが重要です。

またブランクがあると、最先端のスキルや経験がない人と捉えられてしまう可能性もあるので、継続してコンスタンスに案件を受けましょう。

 

副業としてのエンジニアはフリーランスのエンジニアに比べ自由度はどうしても低くなってしまいます。しかし人手不足のエンジニア界隈では副業でも手を借りたいという企業や個人は多く存在するので自分に合った働き方を探しましょう。副業で本業がおろそかになっては元も子もありません。

[adinserter block=”1″]

副業エンジニアが継続して案件を獲得する方法

エンジニア副業案件③

副業エンジニアの案件の獲得方法はここであげたものは一部で入り口にすぎません。一度案件を受けてから継続していけば、相場やトレンドなど見えてくるものも変わってくるかと思います。

副業エンジニアへ向けた案件の単価はフリーランスと比べどうしても低く設定されてしまいますが、クラウドソーシングサイトSEROKUでは、副業エンジニアに向けてクラウドソーシング上の相場以上で案件獲得が可能です。

SEROKUでは、クライアントがエンジニアのスキルに入札するオークション形式を採用しているため、自分のスキルの価値が数値として可視化されます。

また、仲介手数料、登録料など一切無料なためほかクラウドソーシングサイトやエージェントを利用するよりも単価を上げて設定することが可能です。

 

またクラウドソーシングサイトではクライアント側が単価を提示するのが一般的ですが、SEROKUではエンジニア自身が単価を設定できるので正当な単価で案件を受けることが可能です。

 

自分の使用する言語、フレームワーク、ツールを経験年齢含めて設定できるので、自分のスキルに合った仕事を自然と選ぶことになりマッチングミスを防ぎます。

 

副業エンジニアを始めようと考えている方、もう始めているけど思ったように働けない。そのようなお悩みを持つ方はぜひSEROKUへご登録ください。

SEROKU新規フリーランスエンジニア・プログラマ登録促進バナー

SEROKU新規フリーランスエンジニア・プログラマ登録促進バナー

タイトルとURLをコピーしました