ネットワークエンジニアとして副業で働くことはできるのか

ネットワークエンジニア副業

ネットワークエンジニアとして働いていて、もうちょっと収入を増やしたいと考えている人は多いでしょう。

でも、ネットワークエンジニアが副業をするには、どのくらいのスキルが必要で、収入はどれくらいなのでしょうか。

[adinserter block=”1″]

ネットワークエンジニアとして、副業をすることに関する疑問は1人では解決することが難しいですよね。

あらかじめ、副業に必要なことを知識として蓄えておけば、効率よく稼ぐことができるようになります。

今回は、ネットワークエンジニアの副業について解説していきます。

フリーランスエンジニア月収診断バナー

ネットワークエンジニアでも副業はできる?

 

そもそも、ネットワークを一から設計・構築し、ネットワークの保守・運用などを主な仕事とするネットワークエンジニアに副業ができるのでしょうか。

結論からいうと、ネットワークエンジニアにも副業はできます。

 

最近では、「副業可能のエンジニア求人」、「副業案件」などの記載がある求人も増えています。

とくに、サーバ・ネットワークエンジニアやセキュリティエンジニアなどは、副業としては非常に高い賃金で募集していることがあります。

ネットワークエンジニアの仕事は、パソコンさえあればできてしまう仕事なので、副業にしやすい傾向がある仕事です。

案件自体は、インターネットで検索してみても、かなりの数がヒットします。ぜひ、一度試しに検索してみてください。

ただし、条件のいい案件を獲得するのは、競争率も高く、ITスキルが全くない人には難しいでしょう。

ネットワークエンジニアが副業を獲得するには、いくつか必要なことがあります。

[adinserter block=”1″]

ネットワークエンジニアが副業をするために必要なこと

 

ネットワークエンジニアが副業をするには、他のITエンジニアとは少し違った要素が必要になります。

では、ネットワークエンジニアが副業をするのに必要なことをいくつか解説していきます。

 

時間の確保

 

必要なことの1つ目は、「時間の確保」です。

ネットワークエンジニアの本業では、ネットワークの保守や運用が含まれていることが多いため、予期せぬ障害が起きた際に素早い対応が求められます。

そのため、副業に時間を割けない場合も想定できます。

そして、副業では、主にコーディングやデバッグ作業、ロゴデザインなどのパソコンを使った作業が必要になります。

万が一、副業の案件をしなければいけないときに、本業への対応が必要になれば、副業が疎かになって納期が遅れるなどの事象が起こります。

そのため、ネットワークエンジニアは、他のITエンジニアに比べて、副業との兼ね合いが困難な場合が、多い傾向があります。

まずは、今の生活で1週間にどれくらいの時間を確保できるのか、計測してみてはいかがでしょうか。

もちろん、予期せぬアクシデントも視野に入れて予測を立てたほうがいいでしょう。

ネットワークエンジニアが副業をするなら、まずはどれだけの時間を確保できるかを念入りに計算することが必要になります。

[adinserter block=”1″]

仕事の探す方法

 

必要なことの2つ目は、「仕事の探し方」です。

仕事を探す際、インターネットで検索して応募する方法や、人脈を利用して探す方法でもかまいません。自分が、ネットワークエンジニアとしての仕事を探すために使える手段が何なのかを知っておきましょう。

なぜなら、ネットワークエンジニアが副業をするときの最初の壁となるのが、案件の獲得だからです。

まずは、経験を積む目的も含めて、クラウドソーシングに参加してみるのもおすすめです。

 

知識とスキル

 

最後に必要なことは、「知識とスキル」です。

ネットワークエンジニアを副業とする場合は、自分だけでネットワーク関連の仕事をできる知識を持っているのか、今までネットワークエンジニアとしての経験がどれくらいあるのかなどが、案件の獲得に影響してきます。

知識とスキルは続けるうちに身に付けていけるものでもあるので、地道に数をこなしていってはいかがでしょうか。

なお、ネットワークエンジニアとはいえ、ネットワーク関連以外の仕事を受注することも可能なので、必ずしも受注する案件を絞る必要はありません。

収入アップが目的であれば、単価と工数のバランスがいい案件を取り、スキルアップが目的であれば、ネットワーク関連の案件を取るといいでしょう。

 

▼エンジニアの副業の単価について解説した記事はこちら▼
エンジニアの副業で単価の相場はいくらなのか

[adinserter block=”1″]

ネットワークエンジニアの副業にはどんな仕事がある?

 

ネットワークエンジニアにも副業ができるといっても、本業の関係上、なかなか時間が取れないので、どんな内容の仕事が合っているのかわかりませんよね。

そこで、ネットワークエンジニアの副業に適している仕事内容にはどのようなものがあるのか、基本的なものから調べてみました。

 

アプリ開発

 

最近、増えてきているのが「アプリ開発」です。なかでも、AndroidやiPhoneなどのアプリを開発する案件は増えています。報酬も高い案件が多いため、ぜひネットワークエンジニアとしてはこなしていきたい案件です。

 

近年では、ネットワークエンジニアにもプログラミングスキルが求められることが多くなっています。

そのため、ネットワーク以外の知識も蓄える機会を作るためにも、アプリ開発の副業をすることはおすすめです。

しかし、初心者にはアプリ開発は難しいため、スキルに合わせた案件探しを行いましょう。

[adinserter block=”1″]

サーバーの環境構築

 

次に、「サーバーの環境構築」です。大手の企業でも募集していることがあるので、ぜひ狙っていきたい案件になります。

サーバーは、サイトが快適になるかどうかに最も関わるので、サーバーの監視業務などを任されることがあります。

 

なお、サーバー構築もアプリ開発と同じく、ネットワークエンジニアに求められてきている知識です。

副業で稼ぎながら、サーバーの知識を蓄えたいと考えるなら、ぜひやってみてください。

 

ホームページ制作

 

初心者にもおすすめなのが、「ホームページ制作」です。クラウドソーシングで募集がかかることも多い案件です。ホームページを、依頼者の希望通りに作るという作業になります。

HTMLやCSSなどの基本的なコーディングでホームページを作っていくため、勉強して基本知識しかないという人でもチャレンジしやすい案件になります。

 

ネットワークエンジニアのなかには、Webエンジニアへ転身したという人もいます。

Web系の職に転身したいというネットワークエンジニアには、とくにおすすめです。

[adinserter block=”1″]

ネットワークエンジニアが副業の案件を探す方法

ネットワークエンジニア案件探す

ネットワークエンジニアが副業の案件を探す際に利用できるサービスはさまざまです。

ここからは、ネットワークエンジニアが案件を探すのに使える基本的な3つのサービスを紹介していきます。

 

クラウドソーシング

 

さきほどから名前が挙がっている「クラウドソーシング」は、最もおすすめの方法です。

主なクラウドソーシングサイトは、クラウドワークスやランサーズなどが当てはまりますが、仕事を依頼する人が案件を出し、案件のなかから応募できるというサイトです。

登録しておくことで、いつでも利用でき、初心者向けの案件も多いため、ネットワークエンジニアが副業をする場合には、登録しておいて損はありません。

[adinserter block=”1″]

派遣を利用する

 

ネットワークエンジニアが副業するなら、「派遣を利用する」方法もおすすめです。派遣といっても、ネットワークエンジニアに特化した派遣会社に登録をして、案件を紹介してもらうという流れになります。

通常の派遣会社だと、ネットワークエンジニア系の仕事がないこともあるので、ITに強い派遣会社を選びましょう。

 

直接応募する

 

最後に紹介する案件を探す方法は、「直接応募する」方法です。

これは、高額の案件が見つかりやすい反面、なかなか応募しても採用されない場合が多いため、選択するか悩むところです。

方法はシンプルで、インターネットで検索をして探します。

会社を間に通さないので、クライアントと直接やり取りができること、仲介手数料がひかれないことがメリットです。

[adinserter block=”1″]

ネットワークエンジニアが副業案件を探す際に確認すべきこと

ネットワークエンジニア確認

ネットワークエンジニアに限った話ではありませんが、案件を獲得する際には、必ず確認しなければならないことがあります。これは、案件がブラック案件ではないかどうかなどを見抜くために必要なことです。

ここからは、ネットワークエンジニアが案件を獲得する際に、確認するべきことを解説していきます。

 

仕事内容

 

ネットワークエンジニアを副業とするのであれば、まずは「仕事の内容」をチェックしましょう。親切な会社の場合には、仕事内容として詳細に書いてくれているところが多い傾向があります。

しかし、仕事内容の記述内容が、あっさりしすぎている場合には、クライアント自体がネットワークに詳しくない可能性も高く、丸投げされてしまうかもしれません。

 

ネットワーク関連の案件に限らず、アプリ開発やサーバー構築でも、クライアントに知識がないと、仕事を全て任されることになるかもしれません。

ネットワークエンジニアは、本業に支障をきたすことがないようにしなければならないため、副業での工数は自身が対応できる範囲までに抑えるようにしましょう。

[adinserter block=”1″]

報酬額

 

案件を獲得する際には、「報酬額」もしっかりチェックしましょう。また、案件内容に応じて、報酬額の相場などを調べておくといいでしょう。初心者ネットワークエンジニアの場合、案件の割に報酬が安い仕事をつかまされてしまうこともあります。

せっかく副業をしているのに、工数に合わない単価だと、効率よく収入を増やすこともできないので、注意しましょう。

 

依頼をこなせるか

 

最後に確認すべきことは、「依頼をこなせるか」です。

自身が持つネットワークエンジニアとしてのスキルと知識で、受注しようと考えている依頼をクリアすることができるかを判断することは非常に重要です。

とくに、ネットワークエンジニアの場合、本業で予期せぬ作業が追加されてしまうことも少なくありません。

そういった事項も踏まえ、自身が案件をこなせるか考えてみましょう。

なお、納期を過ぎてしまえば、評価が落ち、仕事がもらえなくなるかもしれません。

必ず、自身がこなせると思った案件に挑戦して、少しずつスキルアップをしていきましょう。

それが、確実に高額案件に続いて行く道です。

SEROKU新規フリーランスエンジニア・プログラマ登録促進バナー

SEROKU新規フリーランスエンジニア・プログラマ登録促進バナー

タイトルとURLをコピーしました