phpを扱う副業で稼ぐために知っておきたいこと

日頃から会社の仕事でphpを扱っているエンジニアの中には、働き方改革の影響で残業時間が削減され収入が減ってしまったという人も少なくありません。phpのスキルが副業に役立つとしたら、収入を増やして生活を楽にすることができるため明るい見通しが立ちます。

[adinserter block=”1″]

とはいえphpを扱う副業案件の探し方を知らないのでは、せっかくのスキルを生かすことができません。そんな悩みを抱えているエンジニアに向けて、phpを扱う副業の仕事内容や案件の探し方を紹介していきます。


フリーランスエンジニア月収診断バナー

phpを扱う仕事の概要

まずはphpをめぐる業界の状況を整理してみると、普段から仕事でphpを扱っているエンジニアは副業にも有利だということがわかってきます。システムエンジニアを目指すためにこれからプログラミング言語をどれか1つ習得する人に対しても、phpを選ぶのが最も無難だと言われているほどです。

多くの種類があるプログラミング言語の中でもphpは難易度がそれほど高くない上に、Webに関するさまざまな技術にも応用がきく点に優位性があります。phpは動的なWebページを生成するためのスクリプト言語として広く普及し、高度に進化した現在のインターネット文化を支える中核的な技術だと言っても過言ではありません。

ユーザーのコンピュータではなくサーバーサイドで動作するphpは、Web上で動作するさまざまなアプリケーションの開発に利用されてきました。記事の投稿が即座に反映されるSNSはもちろん、入力内容によって注文が成立するECサイトや予約システムなどはphpを使ったWebアプリケーションの代表的な例です。システムエンジニアが学ぶべきとされるプログラミング言語の中でも、phpはPythonやJavaScript・Rubyなどと並んで上位にランクされています。

企業のWebサイト構築から個人のブログ投稿まで幅広く利用されているWordPressも、phpを使って開発されたシステムの1つです。WordPressはphpと組み合わせることで自由自在にカスタマイズできるようになるため、仕事の幅が大きく広がります。WordPressを使えばソースコードの知識がなくてもWebページが作れますが、phpが使えるかどうかで表現の自由度に差が出てくるのです。

WordPress以外にもphpは多彩な用途が考えられるため、エンジニアの中にはphpを使いこなせる人が少なくありません。phpはMySQLなどデータベース管理システムとの連携が可能な言語で、データベースの記録を呼び出して投稿内容を表示させたりするような処理にはphpが不可欠です。phpとデータベースやクラウドに関する知識を組み合わせることで、Web開発に関する大抵の仕事に対応できるようになります。

phpを扱うスキルはエンジニアの仕事でも基本的なレベルと見なされているだけに、その知識が副業に役立つことに疑問を感じている人も少なくありません。実際にはphpと他のシステムに関するスキルを併用することで応用範囲が大きく拡大されるため、phpを扱う副業案件も件数が豊富となっているのです。

[adinserter block=”1″]

phpを扱った副業の仕事内容

phpを扱った仕事の需要は非常に多く、自社に所属するエンジニア社員だけでは対応しきれないという企業も少なくありません。そうした人材面での課題を抱える企業では、phpを使った設計の仕事や動作テスト・保守運用の仕事を外注する傾向にあります。中には要件定義から依頼されるようなphp関連のシステム開発案件も見られ、そのような案件は難易度が高いため全般に高単価なのが特徴です。要件定義や設計をクライアント側で行い、phpを使ったコーディングのみ依頼する仕事は副業案件でも多数を占めています。

外注に出されるphp案件の多くは、クラウドソーシングサイトやフリーランスエンジニア向けのエージェントを通じて募集されるのが一般的です。特定の企業に所属しないフリーランスエンジニアでないと対応が難しい案件も少なくありませんが、副業で十分に対応できる案件は数多く募集されています。

phpに関する知識や仕事の実績に加え、LaravelなどのフレームワークやWordpressのスキルがあればそうした案件の獲得に有利です。企業のWebサイト更新を行う案件などはHTMLやCSS・JavaScriptに加え、phpとWordpressの知識が求められるケースが多いという特徴も見られます。

システム開発案件の中でもJavaを扱う仕事は全般に規模が大きく、個人が副業として受注するにはハードルが高めです。phpを扱ったシステム開発案件は規模が比較的小さい傾向も見られ、限られた時間で取り組む副業に向いています。MySQLと関連してphpのプログラムを作成するような仕事なら難易度が低く、副業初心者でもそれほど迷うことがありません。

[adinserter block=”1″]

phpを扱う副業案件の探し方

エンジニアが副業の仕事を探すには、従来であれば本業の仕事を通じて培った人脈を利用して仕事を紹介してもらうようなケースが一般的でした。友人に頼んでphpに関する仕事を回してもらう場合は、報酬がどうしても低単価になりやすいものです。

現在ではインターネットを利用することでphpを扱う副業案件も探しやすくなり、報酬の条件を重視して仕事を選ぶこともできます。副業の仕事を募集するクライアントと受注する個人を仲介するクラウドソーシングサイトには、phpも含めた開発やコーディング・Webサイト制作といった副業案件が豊富です。クラウドソーシングの報酬単価は1案件当たり1万円から15万円程度までの案件が多く、低単価の案件だと高収入を稼ぐのが難しい面もあります。

一方でフリーランス向けのエージェントを利用する方法も、phpのスキルを生かした副業案件を探す選択肢の一つです。エンジニア向けエージェントのサイトにはフリーランスだけでなく、副業エンジニアを対象とした案件も少なくありません。エージェントから仕事を紹介してもら場合は報酬単価がクラウドソーシングよりも高めで、数十万円の案件も珍しくありません。数ヶ月単位で取り組む大掛かりな案件の中には、報酬が100万円に達するケースも見られます。1案件当たりに費やす仕事時間と報酬単価から時給を概算し、1時間当たり2,000円以上になるような案件を選ぶのが高収入を稼ぐコツです。

phpはプログラミング言語の中でも需要が高いため、エンジニアとしての就職を目指す目的で基礎から学びたいという人は少なくありません。phpに精通しているエンジニアはそうした人を対象に、プログラミングスクールの講師を副業にして稼ぐという手もあります。オンラインのプログラミングスクールなら教室に出向く必要がなく、在宅でも講師が務められるためエンジニアの副業に最適です。プログラミングスクール講師の報酬は講義1回当たり数千円が平均相場で、phpの講義は特に人気の高いカテゴリとなっています。

[adinserter block=”1″]

まとめ

phpのスキルを持っていればシステム開発やWebアプリケーション設計だけでなく、プログラミングスクール講師も含めて副業の選択肢が多く用意されています。phpを扱う副業案件には高単価の仕事が少なくないだけに、空き時間を利用すれば月10万円以上を稼ぐことも難しくありません。以上に紹介したような副業案件の募集状況と仕事の探し方を知っておけば、phpのスキルが貴重な副業収入につながります。

 

SEROKU新規フリーランスエンジニア・プログラマ登録促進バナー

SEROKU新規フリーランスエンジニア・プログラマ登録促進バナー

タイトルとURLをコピーしました