エンジニアの副業でシステム開発はある?ない?

システム開発副業①システム開発を副業として稼ぎたいと思っているエンジニアにとって、システム開発でどれくらいの副業収入が得られるのか気になるかと思います。思ったより稼げなった……、稼げたけれど割に合わなかった……。

[adinserter block=”1″]

といったことにならないよう、システム開発の副業を始める前に、どういうものか知っておきたいですよね。そこで今回の記事ではシステム開発の副業がどういったものか紹介していきたいと思います。

フリーランスエンジニア月収診断バナー

エンジニアの副業案件のステム開発ってどうなの?

エンジニアの副業案件といってもさまざまなものがあり、システム開発以外にも3D-CG作成や、ホームページ制作、webデザイン添削、スクール講師など、業種はさまざまです。

その中でもSEにとって最も身近な副業がシステム開発系の業種となります。

 

一概にシステム開発といっても、その中でもサイト構築やセキュリティー対策、品質評価など必要なスキルと難易度はさまざまですよね。

しかし現在エンジニアは大変人手不足なため、どの業種であっても人手が足りない状態となっています。

そのため、自分の持つスキルは常にどこかで必要とされており、副業案件は増え続けているということを頭に入れておきましょう。

 

またエンジニアの副業には、選べる案件が多いだけでなく、働く場所や時間を自由にできるといったメリットがあります。

そのため、多くのエンジニアが空いている時間を使って少しずつシステム開発を進めたり、在宅作業をしたりで、副業収入を得ているのです。

[adinserter block=”1″]

システム開発の副業案件を獲得する方法

システム開発副業②

システム開発系の副業案件を獲得する方法は大きく分けて四つあります。

  • 知人・友人からの紹介
  • SNSを利用する
  • クラウドソーシングサービスを利用する
  • エージェントからの紹介

ここは以上四つの方法をそれぞれ解説していきます。

[adinserter block=”1″]

知人・友人からの紹介

エンジニアとして働いていると、同業者と知り合う機会は多くあるかと思います。

また、知り合いのエンジニアの中には人手が必要と悩んでいる、あるいは悩んでいる人を知っているという方もいるかもしれません。

知人や友人からの紹介であれば、働き方や、報酬の交渉が比較的スムーズに進むといったメリットがあります。

もし紹介で副業を始めたいとお考えの場合は新しい仕事を始めるときや緊急で人手が必要になった際、自分を頼ってくれるよう伝えておくと良いでしょう。

[adinserter block=”1″]

SNSを利用する

現在SNSの発達はめまぐるしく、SNS上で仕事のオファーを受けることや、出すことが頻繁に行われています。

またSNSでは自分の成果物や実績を多くの人に見てもらうことが容易なため、仕事のオファーを待っている旨をSNSに上げておくことも一つの案件獲得手段です。

この場合も直接仕事を受けることになるため、比較的条件や報酬の交渉がやりやすいというメリットがあります。

[adinserter block=”1″]

クラウドソーシングサービスを利用する

エンジニアで副業をしている人のほとんどが案件獲得の際に利用しているのがクラウドソーシングサイトです。

クラウドソーシングサービスとは人手が足りない企業や個人と、副業案件を探している人材をマッチングさせるサービスのことで、現在では多くの企業や個人が利用しています。

ここでは気軽に取り組める安価な案件から、高度なスキルが要求される高額な案件までさまざまな案件があるので、自分のスキルやスケジュールに合わせて案件を選ぶと良いでしょう。

[adinserter block=”1″]

エージェントからの紹介

以上に挙げた案件獲得方法のほかに人材エージェントに登録して案件を紹介してもらうという方法があります。

エージェントからの紹介はSEとしての実績や持っているスキルなど、エージェントに伝えることで、自分の能力にあった案件を探し出してもらえるサービスです。

またエージェントは案件を受注してから報酬までのサポートも行っています。

副業を始めたばかりでどんな仕事を請け負ったらいいか分からない方や、クラウドソーシングサイトで自分に合った案件を見つけることが難しいという方におすすめの獲得方法となっています。

また、自分に向いている案件が分かってきたら、クラウドソーシングサイトから自分で案件を探し出して請け負うようにしましょう。

[adinserter block=”1″]

 

システム開発の副業案件の単価相場

副業を始めるにあたって最も気になるものが報酬金額かと思います。

ここではエンジニアの副業における報酬について解説していきたいと思います。

[adinserter block=”1″]

副業案件の報酬は二種類

副業の報酬の表記は「固定報酬」と「時間報酬」の二種類があります。

「固定報酬」はその案件一本いくらと金額が決まっているもので、「時間報酬」は労働時間によって報酬が決まるものです。

固定報酬の場合はこの案件にどれくらい時間がかかるのか、しっかりと見積もり、時間単価が低くなってしまわないよう注意しましょう。

[adinserter block=”1″]

エンジニア副業の報酬の例

システム開発の副業の場合、空いた時間にできるというメリットがありますが、フリーランスと比べて単価が下がってしまうことがあります。

実際にフリーランスのSEの時給相場は駆け出しの場合2000円~、またベテランの場合は5000円以上になることもあり生活できる分は稼ぐことが可能です。

しかし副業は本業の合間に作業するため、発注者からしては融通が利かず、長期的な案件ではなく単発の獲得案件が多くなってしまうのです。

ここではいくつかの副業収入の例をご紹介します。

 

アフィリエイト

SEで個人ブログを副業にしている方も少なくなく、1万円程度でしたら比較的すぐに稼ぐことが可能です。

報酬金額が少ない気もしますが、ほかと比べ最も気楽にできる副業で、収入以外でも新たなスキルや視点を手に入れる面でも人気な副業となっています。

また長期的に続けることで報酬金額を増やすことも可能なため、副業をアフィリエイトのみにする方も少なくありません。

 

システム開発

一般的に週二日程度のシステム開発の副業では10万円程度の収入を得ることが可能です。

副業は自分のスキルや、スケジュールで収入金額が決まるので、収入は人によって変わってきます。

たとえばネットビジネスに関するプログラム作成の場合、案件一つにつき、2万円~5万円程度となります。

こちらはパッチファイルを作成して納品する形になりますが、その際コードを書く時間も人それぞれのため、時給換算すると1,000円に満たないこともあります。

ほかにソフトウェアの開発などもあり、報酬は3万円~10万円までさまざまとなっています。

漠然とした内容のものや、少し手を加えればいいものなど難易度はバラバラになってくるため、案件を受ける前に具体的になにを求めているのか発注者にしっかりと確認することが重要です。

以上で挙げた平均的な相場ですが、単価から実際に自分がかかる時間を確認し時給がいくらになるのか計算することが案件選びにおいてとても重要となります。

[adinserter block=”1″]

 

システム開発の副業案件で稼ぐ方法

システム開発副業③

システム開発の副業は、ほかの副業と比べ単価が高いため、上手くやれば高収入を期待できます。

ここではエンジニアの副業で収入を上げるためのコツをいくつか紹介していきます。

[adinserter block=”1″]

 

自分の得意不得意を見極める

人それぞれ得意なものと不得意なものがあります。

エンジニアの副業の場合は豊富な案件があるため、その中から自分の好きな案件を選ぶことが可能となっています。

そのため、高単価な案件でも簡単にできるものや、低単価のものでも時間がかかるものもありますが適材適所に選ぶことができるのです。

また高単価のものだけでなく低単価のものでも数を多くこなすことで収入が増えることもあることを覚えておきましょう。

副業を始める際は、時間単価を考えたうえで、効率よく進めていくことが大切です

[adinserter block=”1″]

同じクライアントから継続して案件を受ける

同じライアントから継続して案件を受けることは高収入へつながります。

依頼された案件を誠実にこなしていれば、継続的に仕事を依頼されることがあります。

長期間にわたって仕事を請け負うことができれば、安定した副業収入を得ることが可能です。

また、クラウドソーシングサービスを介して案件を受けている場合、収入に対して手数料がかかってしまいます。

しかしクライアントからの信頼を得れば直接案件をオファーされることもあり、手数料を気にすることなく働くことができるのです。

継続して案件を得るためには、クライアントから信頼を得ることが重要になってきます。

クライアントから信頼を得るためにも求められた仕事をきちんとこなし、クライアントとのコミュニケーションを正しく取って、納期をしっかりと守るようにしましょう。

[adinserter block=”1″]

 

複数のクライアントへ提案をする

副業の案件を受けようとしても、募集を打ち切ってしまうクライアントは少なくありません。

そのため複数のクライアントに向けて提案することが一つの解決策となります。

提案の際も、先にテンプレートや、ポートフォリオを作成しておいて、提案に時間をかけないようにしましょう。

またクラウドソーシングサービス自体に複数登録しておくことも案件獲得につながります。

[adinserter block=”1″]

システム開発の副業をするならSEROKU

クラウドソーシングサービスを利用するにあたってデメリットとなってくるのが登録料、仲介手数料などです。

しかしSEROKUではそれらの手数料が最後まで一切かかりません。

またSEROKUエンジニアがプロフィールを公開し、発注者がエンジニアを落札するというオークション形式を採用しています。

そのためほかのクラウドソーシングサービスよりも高単価で仕事受けることが可能かつ、自分に合った仕事を受けることが可能となるのです。

SEで副業を始めようとしている方、副業の収入を上げたいとお考えの方はぜひSEROKUへ登録してみてはいかがでしょうか。

SEROKU新規フリーランスエンジニア・プログラマ登録促進バナー

SEROKU新規フリーランスエンジニア・プログラマ登録促進バナー

タイトルとURLをコピーしました